fc2ブログ

【マリオvs.ドンキーコング】感想

マリオvsドンキーコング

2004年5月24日に任天堂より発売されたゲームボーイアドバンス用アクションパズルゲーム……の、switch版リメイクです。
リメイク元のゲームはプレイしていないので完全初見プレイでした。

エキスパートステージも含めて全ステージを制覇しました。
タイムアタックモードには手をつけていません。自分は同じステージを何度もやるのも、タイムアタックという遊び方自体もあまり好きではないので。
ここまで終わらせるのにかかった時間は約9時間でした。

一部のステージはパズル要素もあって攻略に時間がかかりましたが、最後までカンニングに頼らずにクリアすることはできました。
パズルステージの中ではやはり6-6+の難易度がひときわ高かったように感じました。


自分は2Dマリオや3Dマリオに慣れてしまったこともあり、本作のマリオの運動性能に悪さには唖然としました。お前本当にマリオか?と言いたくなるほどに通常ジャンプが低いです。
攻略中にはボム兵やヘイホー等の敵の上に乗ろうとしてジャンプ力が足りずに被弾してMISS……ということが何度も発生してしまいました。このしょうもなさすぎる被弾はエキスパートステージに突入してもなお直らず、最後までこの操作性には慣れることがなかったです。
ロープアクションの操作もやや難しく、何故かロープを掴めずに落ちてしまったりロープを離してしまうということが頻繁に起きました。原作は更に操作性が悪かったらしく、そちらをプレイしていたらもっと苦戦していただろうと思います。

なんにせよ、この絶妙な運動音痴マリオだからこそ成り立っているゲーム性であると感じました。
本作はミニマリオステージが特に顕著ですが、慎重にならなければ思い描いたようにキャラを動かせないことがとても多いです。
操作が思い通りにいかないことにやきもきしながらも、何度でも心の強さで立ち上がりドリトライしながら攻略していく死にゲーでした。

自分が下手なだけだった説もありますが、一被弾すら許されないこともあってマリオのゲームにしてはやたらと難易度が高く、良い塩梅に歯ごたえがあって面白かったです。
最大の不満点はドンキーステージでこちらがダメージを受けるとドンキーが死ぬほど煽ってくるところでした。とてもイライラした笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

as7_9

Author:as7_9
Twitter
Youtube
毎週水曜19時26分より放送中

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる