fc2ブログ

【イナスト2013Xtreme】Strikers World Cup 2023 振り返り

選抜戦やW杯までに成したことも含め、三ヵ月間の振り返りとなります。



選抜戦に向けて



選抜戦までの一週間はラウレさんと毎日練習試合をしていました。
彼は時間が限られている上、ガチ戦をガンガンやること自体あまり好みではないというのに、毎日自分から誘ってくれたことが嬉しかったです。
自分はXtreme自体初めてから日が浅かった上に、ガチ戦自体2013でもほとんど経験していなかったです。そういう意味でも有意義な鍛錬だったと思います。

自分が選抜戦に持ち込んだチームに至るまでの具体的な経緯も書きましたが、書いていたら長くなりすぎたので畳んでおきます。良かったら読んでください。



自分は豪炎寺染岡南沢を使った3チェインチームや、ラウレさんの方はオーソドックスな木瀧天馬シュウのチームなど、色々なチームを試していました。
練習試合を重ねていった上で、お互いに神童を使った場合は露骨に高い勝率が出ていたことに気付き、自分達が持ち込むべきチームが見つかりました。

選抜戦の結果はこちらになります。

選抜戦リザルト

最初に引き分けた時は絶望して寝不足になりましたが、結果的に敗北した相手はインフィさんのみということで、三位という成績を収めることになりました。
国内の神童はやはり当たりキャラでした。



海外大会出場によるレベル上げ



God ImpactやNDトーナメントに出場することで、海外大会の経験を積んでいました。
God Impactへの参加表明は選抜戦前にしたものなので、W杯に向けての経験値の取得が主目的というわけではなく、誘われたしせっかくだから出てみる程度のものでしかなかったです。結果的には良い経験になったと思います。

god impactリザルト

God Impactの本戦ではゲージSチェインチームのみで出場し、四位という成績を収めることができました。
中でも海外勢最強の一角であるAzyckに勝利を収めたことは、W杯への第一歩となりました。

NĐ TOURNAMENT #4

NDトーナメントはシードだったので三試合しかしなかったものの、優勝することができました。
準決勝ではゲージAチェインチーム、準々決勝と決勝戦ではサプリ不動を絡めたドリブル軸を使用しました。
サプリ不動は今でこそW杯決勝でパラリーさんが使用したことで話題になり、AlexisやSelowも使用しているギミックとしてプチ流行していますが、実は考えたその日に準々決勝でいきなり投げたという経緯があります。

練習試合で使っていても感触は悪くなく、決勝戦でも使うことにしました。インフィさんとラウレさんからは「アイテム枠がきついだけで構築としては変ではない」というお墨付きもいただいたので、PDFファイルを作成して日本代表の間で提言することになりました。
一応大袈裟な提案をした理由としては、現状の後半用ドリブラーに満足できておらず、前半黄名子の強さを高く買っているみやさんにはぴったりの構築かと考えたというのがありましたが、キラフィなのでお気に召さなかったようですxD



日本代表の間での練習試合



日本代表になることが決まってからW杯が終わるまで、一生他のメンバーと練習試合をしていました。
特に対戦した相手はインフィさんです。



正式な会合ができるずっと以前の五月頃から、定期的に対戦していたと思います。
おかげで自分のオンラインデータのプレイ時間に対する勝利数は、周りと比べてもえぐい程低かったです。アルファを使う縛りをしてもらった時と、サタナトスでPKを取った試合ぐらいしか勝てた記憶がありません。この男強すぎる。



もちろんパラリーさんやみやさんとも練習試合をしていました。
インフィ・パラリー・みやは個人的にも世間的にも紛れもなく世界最強集団の一角であり、コミュニティで最強プレイヤー議論をした際には必ず名前が挙げられることになる三名だと思います。

ラウレさんも仕事が忙しすぎて時間が限られている中でも、決戦前夜は身を削って自分たちと練習試合をしてくれました。
これだけ世界的に強い相手と戦えているのだから、きっとW杯も大丈夫だろう、という自信をつけることはできました。

対戦以外の面においても、毎日のように夜遅くまで構築の議論や、動画を見直しながらコーチングをして貰っていました。
このゲームは四の五の言わずにプレイ回数を重ねていけば必然と上手くはなれると思うのですが、自分に与えられた時間が限られている以上、こういった知識量や理論で周りとの差を埋めていくしかなかったです。場数が少ないなりに誰よりもこっち方面で努力するようにしていたつもりでした。




W杯――開幕



Group Stage1 対Poland





勝ち 5-0

点取り屋のみやさんが先鋒の方がチームの士気を上げてくれるという話になり、自分は中堅で出場しました。
テストプレイの時まで気付きませんでしたが、直近のWarmUp大会で当たった相手との再戦というのが発覚して、やや緊張は解けました。
最初は動画と同じチームしか使えない奴を演じるという方針だったので、千宮路使いということをわかっていながらも初期岡によるチェインチームを投げました。

一応千宮路相手でもスーパーザナークやフィディオによる得点プランはあるのですが、前半は沼りに沼りまくったので一得点しかできませんでした。日本の観戦席はどよめいていたようです。
後半はゲージSフィディオで三得点、井出の超ジャンプで五点目を決め、辛うじてSランク勝利ができました。


Group Stage3 対Eastern Europe





勝ち 4-2

先鋒で出場した結果、相手キャプテンとの試合となりました。
動画と同じチームを使用するという方針でしたが、対戦相手はこれまた1st染岡に対して強い魔王立向居使いということが、対戦前からわかっていました。
相手チームの一人がDQということで日本の勝利はほぼ確定しており、正直わざと不利なチームを投げて負けたところで支障はなかったです。しかし、対戦相手はチームの敗退が決まっているのにも関わらず試合放棄をせず、自分との対戦を楽しみにしていたとも言ってくれたので、敬意を表して勝ちに行くことを選択しました。
魔王立向居をケアできるゲージS3チェインと、天地雷鳴に対して強いGKロココを持ち込むことで、先ではなく目の前に相手に目を向けました。

試合内容としては後半はチェイン始動役全員のミキシが解け、始動役が一人もいなくなるという放送事故が起きました。F-ライモンは弱い!みんな元気でね!
一応F-ライモンは中央からでもサイドからでも2チェインすることができるので、魔王+山GKという持ち込みをケアできるという目論見で大真面目に投げました。今ではミドルブロックでも中央からチェイン出来る方法が見つかっているので、使う理由はキャッチ振りケアぐらいしかありません。


準々決勝 対Subsaharan Africa





引き分け 3-3

次鋒で出場しました。WarmUpでは敗北したKinunへのリベンジマッチです。
その試合ではフルミキシチーム+ザゴメルというガンメタを張られてしまったので、今回も何かしらやってくる可能性はあると踏んでいました。
当初から本戦で通していく予定だったジニアス両刀を、この日に向けてずっと練習していました。

前半はジニアスでゲージをずらしてからのチェイン、運だけPKによって2-0を記録しました。
ハーフタイムではアイテムを全て使い切った後で、霧野にガードサプリを使い忘れていたことに気付きました。慌てて霧野をボランチに配置し直したものの、それでも霧野と佐久間が同じサイドに居ることで、相手ザナークに無双されるカス盤面となりました。
わけわからんコーナーキックによる失点のせいで2-3で逆転されてしまうものの、鬼塚のゲージ調整によるを周期自己申告を見逃すことがなく、リスタートから数日前に発覚したミドルブロックによる中央チェインによって引き分けに持ち込みました。

サプリの使い忘れが最も痛手だったのは揺ぎ無いですが、それ以外にも後半は風丸がブロック技を使用したという情報が抜けていてチェインを通す機会を三度逃したこと、そもそも両刀なのにチェインしか狙っていなかったことなど、反省点の多い試合でした。
この試合を機にチェイン使いとしての立ち回りが性根に染み付いてしまっていたことが発覚したので、決勝戦では一周周ってチェインに魂を売ることが自分の目指すべきゴールだと感じました。


準決勝 対SouthEast Asia





勝ち 6-0

副将で出場しました。
この時点で勝敗が決まっていれば情報操作でドリブル軸を投げていましたが、2-1で安心できない状況だったので、勝てるチームを投げに行きました。
その名もアームドドットプリズン構築。ネタにしか見えないと思いますが、正直今の自分が使うなら両刀よりも勝率は出ると思います。
最近スーパー5がチェインミラーにて最強戦術であることが発覚したので、相手がチェイン使いだとわかっている以上、それを利用するというのも目論見のひとつではありました。

試合内容としては、単体突進を六回失敗したので恥ずかしかったです。スーパー5、結局神ゲーが多いので単体突進の精度が要求されがち。
しかし、なんだかんだでチェイン三点+ノマシュ三点で六得点を挙げることができたので、危なげなく勝つことはできました。
この試合の動画だけ再生回数が異様に多いのは何故でしょうか。サムネのキャラがかっこいいからか?


決勝 対France





負け 1-4

次鋒で出場した結果、相手キャプテンのviviとの初対戦。
直近のBaamの試合や発覚したミドルブロックによるすり抜けチェインを考慮して、自身の中で結論として根付いた1st染岡・ジニアス・1st豪炎寺を用いたゲージSチェインチームを持ち込みました。
対戦相手のチームは自分のチームと比べると、16人中12人が一緒だったと思います。チェインチーム同士なのにここまでキャラが被るのも珍しいです。

viviは確かに強かったですが、試合内容の自己分析としては過去最低であり、0点に近かったと思います。
センターバックシュウ天馬や円堂のTP切れに気付けないことなどは、完全に論外だったと思います。
先攻を取ったのにも関わらず始動を失敗してしまう、スライディングで何度もボールを奪われてしまうなど、挙げていたらキリがないミスばかりでした。
単体突進は二度失敗する、チェインチームなのにも関わらずチェインで一得点もできていないなど、自己評価としては最低の試合でした。「呑まれていた」というのはこういうことだったと思います。

最も勝たなければいけない場面で試合を落としてしまって、チームメイトには本当に申し訳なかったです。
最終的にはキャプテンが無双することで事なきを得ました。




結果:優勝🏆



W杯優勝

優勝できて本当に良かった、以外の言葉が見つかりません。

胸中を明かすと、三年間コミュニティから離れていた自分が日本を代表する一員になれるほど幸運なことはなく、それでずっと努力していたプレイヤー達の足を引っ張るということだけは、あってはならないことだと考えていました。
それでも出場への参加表明をした理由としては、人生で最も好きになれたゲームの一大イベントの当事者になりたかったこと、お世話になった人達と肩を並べて戦いたかったこと、イナズマジャパンとして戦って欲しいと言ってくれた人が居たことがありました。

五月のチーム戦の誘いも魅力的であるのにも関わらず情報を与えることを嫌って断ったことなどは、やはりW杯優勝を最終目標として設定していたからでした。結果的にGod Impactではチェインチーム固定で挑戦することになったので情報戦もクソもなく、経験を積む為にも乗っておけば良かったと後悔する羽目になりましたが、言いたいことはそういった危惧をする程にはW杯に本気だったということでした。
自分はチームメイトと比べると圧倒的に地力が足りていないので、将来的な勝利を視野に入れた情報戦という狡いことをする為に、W杯出場中もどのチームを使っていくか何度も相談させていただきました。

結果的にはその情報戦は悩み過ぎたせいで空回りを続け、最も勝たなければならなかった決勝戦で敗北してしまい、三ヵ月間の努力は無駄となりました。
他の試合では勝利を収められていたとはいえ、仮に自分が出場した試合が全てDQだったとしても日本優勝という結果は変わらなかったです。数字におけるチームへの貢献度はゼロでした。


しかし、他の代表選手(というかパラリーさん)が使ってくださった、ドットプリズンによるチェイン戦法、サプリJPN不動を使ったギミック、ジニアス両刀のベンチ白竜。これらは自分が三ヵ月間このゲームの考察をし続けた上で生まれたものであったり、自分との練習試合を通じて変化したものでした。
提言が環境に影響を及ぼしたり実戦で使用されることによって、間接的には勝利に貢献できたと言えるのかもしれません。まあ、影響を及ぼしすぎてBaamに使われて自分達の首を絞めていたところもありましたし、正直彼のことなら何を使っても白星を挙げていた気はしますが。

三ヵ月間の努力は確かに水泡に帰しましたが、こうして目標を貫いて努力していたという期間は、掛け替えのない時間だったと思います。
チームが敗北していたら「自分のせいで負けた」という事実が一生の心の傷になるところだったのを、優勝という結果に塗り替えることで一生の思い出へと昇華してくれたチームメイト達には、感謝してもし切れません。

本当に心残りだったのは、やはりラウレさんと一緒に戦えないことでした。
最後は4Raufuroって名前にしてオーガスタジアム選んでエロゲの曲まで流してスーパー5まで使ったんだから勝ちたかったですね。私は弱いです


上記の通りW杯以外に目標がなかったので、今後のイナストの遊び方は全く考えていませんでした。
とりあえず小規模な大会であるデッドフューチャートーナメントには参加していこうと考えています。あとは気分で、ということで。
現状の考えとしては三ヵ月という期間では時間が足りず、プレイが思考に全く追いついていなかったので、色々なチームを使ってゲームへの理解を深めつつも研鑽を積んでいけたらいいなと考えています。


▲色々なチームの例(嘘)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

as7_9

Author:as7_9
Twitter
Youtube

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる