fc2ブログ

【オリオンの刻印】41話(感想)

先日ゼノブレイド2という美少女ゲームをクリアしました。
評価が高いのも頷けるほど面白いゲームでした。特にシナリオとキャラクターの完成度が凄まじく、最後の最後で不覚にも泣いてしまいました。

今はFE風花雪月を進めたり、スマブラの勇者で戯れたりしています。
もうそろそろアレスの天秤も"解禁"されるはずですから、忙しくなりそうですね。開発ブログを読んだらもう少し待っていてくださいねと書いてあったので、もう少し待ったら発売されるでしょう。








第41話「アツい奴らが来た」



必殺技まとめ




『デス・サンバ』

 ブラジルチームのシュート技。
 楽しげな雰囲気から一転して、物騒な単語が含まれる必殺技を出してきましたね。やはり腐っても刻印の使徒なのか……。
 「日本がまともに戦ったとしても勝てない」と野坂さんが評していた強豪が使う合体技でしたが、西蔭の新キャッチ技には普通に止められてしまいました。


『KAMAKURA D(かまくらディメンション)』

オリオン41話A

 西蔭の新キャッチ技はなんと三人合体技。水神矢は皇帝ペンギンの特訓をしていたんじゃなかったんですね……。
 本戦のラスボスチームのキャラ、予選のラスボスチームのキャラ、無印キャラという三人の組み合わせ。こういう異色の組み合わせの合体技こそが世界編の醍醐味なのかもしれません。

 合体キャッチ技が登場するのは珍しく感じます。つい最近は『ザ・アシュラ』なんて必殺技も生まれましたが、確かイナズマイレブンGOでは合体キャッチ技は一切なかったんですよね。そのせいでしょうか。
 『ザ・アシュラ』という発動条件が厳しすぎる上に『ダイヤモンドハンド』に存在を食われている必殺技は金輪際出す機会がなさそうですが、『KAMAKURA D』はパートナー条件が緩いと思うので、今後も使われていく可能性はありそうです。まあ、西蔭が登板されればの話ですが。


『マカロニスパゲッティ』

 マカロニとスパゲッティはパスタの一種らしいです。



アツい奴ら



オリオン41話B

 無印のブラジルチームも試合中に踊り出すような連中でしたが、オリオンのブラジルチームも愉快でしたね。ザ・キングダムのように試合にサンバの動きを取り入れるようなことはなかったようですが。
 こんな奴らがあのラフプレーしか頭にない刻印の使徒、それも理事長直属の精鋭部隊なのか……? 

 一応精鋭部隊と言うからには一番大切なのは実力でしょうから、こういうチームになってもおかしくないのかもしれません。
 彼らの実力は野坂さんも認めるほどですから、これまでも劣勢の時以外はラフプレーには手を染めずに勝ち進んできたのでしょうか。

 自分は視聴前はベルナルドがまだサッカーを愛している証として、とにかくクリーンなチームを精鋭部隊にしてくるのかなとか予想していました。が、今週はともかく来週以降は言葉通り試合中に手出ししてくる気満々だったので、そんなことはなかったです。
 まあ、「ひよっこども」とか言われている辺りワケありなのかもしれませんね。


 今回は我らがキャプテンである円堂と、ロシア戦で鬼のような強さを発揮したのりかはベンチスタートとなりました。監督は一体何を思って西蔭をスタメンにしたのでしょうか。
 まあ、実際のところ『KAMAKURA D』は敵ストライカーの合体技を止めてしまうほどに強かったので……もしかしたらこの技を習得したことでイナズマジャパン最強のGKは西蔭になったみたいな裏エピソードがあったという可能性も!?!?

 まともに戦ったとしてもブラジルには勝てないと野坂さんが言っていた通り、イナズマジャパンは開幕から翻弄されます。
 ブラジルは必殺技を全く使わずにボールを運び、シュートまで決めてしまいます。うーん……これはサッカーが上手い!!
 ……とはなりませんでした。やっぱり手も足も出ないぐらい無双されてこそ初めて絶望感は感じられます。ノーマルシュートにしても西蔭がドジだっただけでした。

 ブラジルにゴボウ抜きにされてしまった明日人でしたが、ブラジルの雰囲気に感化されたのか、主人公のようなことを言い出して対抗していきました。
 サッカー選手は試合中に自分より強い相手と戦うことで大きく成長できる。負けじと張り合って実力以上の結果が出せることはあるかもしれませんが、それで成長できるほどスポーツは甘くないと思いますが……まあこの世界のサッカー選手は皆サイヤ人なのかもしれません。



ライブラリ水神矢



オリオン41話C

 アレスの天秤では地味すぎたというか画面に映った回数も少なかった水神矢。実は戦略家としての資質を持っていました。
 一星が自分達のことを司令官とか分析官とか言っちゃうのはちょっと面白かったです。趙金雲辺りが言うのならわかりますが。

 アレスの天秤で伊那国雷門が使用していたサッカー盤作戦、そしてネイビーインベーダーの必殺タクティクス『地雷原』のコンボ。昔使った戦術を、それも敵チームのタクティクスを使うのは意外でしたね。
 そもそもオリオンでは、過去の必殺技を流用して使っていくこと自体があまりなかったんですよね。メンバーが多い以上一部の合体技はそもそも発動条件を満たせない場面が多いのかもしれませんが、一度っきりしかお披露目されてない必殺技はちらほらあります。
 そういう意味でも今回の水神矢の策は新鮮味がありました。登場から一年が経過しようとしていた『コズミックブラスター』で締めくくるのも良かったですね。

 ブラジルチームが楽しい楽しいサッカーをしているところに、ベルナルドさんから指令が届きました。
 オリオンのやり方で日本を潰す。せっかくイナズマイレブン史上最高に熱い試合だったというのに、こんなことって……😢
 







 試合内容としてはアメリカのタクティクスだった『地雷原』を使うのが見れたり、久し振りに『コズミックブラスター』が見れたりで、悪くはなかったです。
 一度戦った敵の戦術を吸収していくのは割と好きです。ぶっつけ本番で繰り出したことには賛否が分かれると思いますが、まあそんなこと言いだしてたらキリがないので。

 ただ、楽しい試合をするのと緊張感のない試合をするのでは全く別物ですよね。相手の雰囲気にほだされてしまっているのかわかりませんが。
 作中ではブラジルチームは強い強いと言われまくっていましたが、得点といえばイナズマジャパンのサブキーパーである西蔭を挑発して突破したのみ。次回は反則を使いまくってくるでしょうし、この人達本当に強い……のか……?

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちはー。
ヤッシブーンです。
今回は割と面白かったです。
特に脚本が大知さんだったので。
コズミックブラスターで決めた時は凄い興奮してしまいました。
アレスで報われなかった技としても名高いですからね。
地雷原で「は?」となってる方も居るみたいですが、若干モーションが遅く、爆発の威力も抑えてありそうに見えた………のは気のせいでしょうか。
まあそもそも自分自身、地雷原に対するヘイト自体が無いですが。
(怪我した不動や一之瀬達には申し訳ないけど)
デスサンバは完全に炎の風見鶏でした。
KAMAKURA D、かなりカッコいいです。
三人技にする事で、円堂やのりかの株を落とさないのは良いです。
合体キャッチ技が無い………。
一応、無印にはトリプルディフェンスやトリプルゴッドハンド、GOにはキングバーンとルークと何かで出来る魔神グレイトと言う合体化身が有りますが。
アニメで、と言う解釈で良いですかね。
良いところが多かった大知さんの脚本ですが、次回台無しになるのが目に見えてますね。
脚本加藤さんだから。

No title

お疲れ様です。いつも記事見させてもらってます。
今回はコズミックブラスターが永世学園戦以来見れてなかったので見れてよかったですね。ただ、のりかがアトムと小僧丸の助けがあったとはいえマーメイドヴェールで止めて、強豪(といわれている)ブラジルにあっさり決めてしまうのは違和感ありましたが。そんなに強いならなんでタツヤDFにして技つかわなかったし。
今回もそんなに超次元サッカーではなかったですけど、次回はもう訳の分からない反則サッカーになると思うと悲しいですね。

今回はまぁまぁよかったんじゃないでしょうか
とりあえずブラジルもロシアよりはずっと強そうでした。
ロシアよりはずっと強そうでした。
水神矢までゲームメイカーになってしまうとわざわざコンバートした基山の立場は…
KAMAKURADはただの3人技というよりはオーバーライドっぽい感じがしますね
王家の盾を核にペンタグラムっぽい要素も見られたので
とはいえ単体だと西蔭はやっぱりアルテミスリング止まりなのでオーバーライドあると最強格、ないなら円堂、のりかに2歩くらい劣るくらいの認識でしょうか
個人的にはアーケードの円堂一強が崩れそうで良いですね、西蔭はアビリティが野坂関連のものばかりで有用なバフがほぼかからず、技もパッとしないので強力なアビリティと風神雷神ゴースト、アシュラ持ちの円堂を抜く理由になりませんでしたがこれからは使いやすい合体パーツに低コストの個人技を持ってるので、重い技ばかりで前半が防御の時に少し重い円堂よりも使いやすいキーパーになるかもしれません
アビリティも合体技関連になりそうですし…そもそもそのアーケードもいつまで続くかわかりませんが
あたらしいペンギンは次週以降に持ち越しですか…コズミックブラスターが見られて良かったです
出来れば基山の新しいDF技も見たいですね
ゼノシリーズだとやはり後半が未完成感の強かったゼノギアスのちゃんとしたリメイクが欲しいですね…あの時代のスクエニのPS1のRPG、特にクロノクロスとゼノギアスは話がとっちらかっててもう一度整理して作ってほしいです
ゼノギアスは「名作」と言うのにふさわしい作品ですのでまだ根強い人気もあるますし…ただスクエニとモノリスが完全に分離してしまってるのでやはり厳しい気はしますが
次週のブラジルの卑怯パートは10分くらいで終わらせてあとはマジ試合に持って行ってくれることを願います
それにしても刃物に鏡に偽ドーピング剤にバス爆破に撒菱にワイヤーにスタンガンにガスに毒入りフランスパンときて次はなにが来るのか…

>ヤッシブーンさん

こんにちは。
世界編でもコズミックブラスターが見れましたね。アレスの時はひどい扱いだったので活躍してくれて良かったです。

>地雷原で「は?」となってる方も居るみたいですが、若干モーションが遅く、爆発の威力も抑えてありそうに見えた………のは気のせいでしょうか。

地雷原はあえて触れなかったのですがなんだったのでしょうね。やはり不動や一之瀬を再起不能に追い込んだ必殺タクティクスですから、爆風が相手に当たらないようにしたとか威力自体を弱めたとか、その辺の説明は欲しかったかもしれません。

>一応、無印にはトリプルディフェンスやトリプルゴッドハンド、GOにはキングバーンとルークと何かで出来る魔神グレイトと言う合体化身が有りますが。

記事に書いていますが、"イナズマイレブンGOに"合体キャッチ技はないかったという話ですね。流石にグレイトは合体化身というよりは合体できる化身であり、必殺技も一人で放っていますから、頭数には入れてません(笑)
加えて言えば、無印アニメでは無限の壁やデュアルスマッシュやハイボルテージなどの合体キャッチ技は登場しています。

脚本はアレスの頃から目に見えて出来に関係していますよね。

> さん

初めまして。コメントありがとうございます。

>今回はコズミックブラスターが永世学園戦以来見れてなかったので見れてよかったですね。ただ、のりかがアトムと小僧丸の助けがあったとはいえマーメイドヴェールで止めて、強豪(といわれている)ブラジルにあっさり決めてしまうのは違和感ありましたが。

コズミックブラスターは伊那国雷門戦でいきなり誕生した必殺技だったので、マーメイドヴェールに止められたあの頃よりは永世学園内で練習してレベルアップしていたという解釈もできます。しかし、それならば仰る通り、これまで使ってこなかった上にタツヤをDFにした采配が謎ですよね。
無印三期のオルフェウス戦のクロスファイアのように、相手が必殺技を出す前に得点できたとかなら納得できたかもしれません。正直ブラジルが弱く見えた理由の一端でした。

>今回もそんなに超次元サッカーではなかったですけど、次回はもう訳の分からない反則サッカーになると思うと悲しいですね。

ネイビーインベーダーのように途中で改心してくれればまだいいんですけどね。
個人的にこれまでの刻印の使徒のラフプレーが嫌いだった最たる理由が、実力が日本に遠く及ばない格下にしか見えないことでした。なにしろ反則を使いまくってる癖に弱すぎるので。
ブラジルが反則を繰り返してリード→日本のサッカーに触れて改心→正々堂々と戦って日本が勝利……みたいな流れだったら許せるのですが。

> さん

あの予選最終試合の相手であり、一次リーグ一位通過のロシアさんより強く見えましたね。

>水神矢までゲームメイカーになってしまうとわざわざコンバートした基山の立場は…

追加メンバーが弱かったら入れた意味がないので活躍したことには文句はありませんが、彼が目立った活躍をしたことによってこれまでの日本のDFの無能さが、一層際立ってしまった印象はありました。
タツヤは今回得点したとはいえ、結局DFっぽい仕事は全くしていないという……。KAMAKURA Dは辛うじてDFっぽい仕事と言えるかもしれませんが。

>KAMAKURADはただの3人技というよりはオーバーライドっぽい感じがしますね
王家の盾を核にペンタグラムっぽい要素も見られたので

特訓も何もない唐突な登場だったのは残念でしたが、必殺技同士を組み合わせたような演出がされていたのは良かったです。
ACは未プレイなのですが、円堂一強環境なのですね。アニメではめっきり見かけなくなったザ・アシュラが猛威を振るっているとは。

>ゼノシリーズだとやはり後半が未完成感の強かったゼノギアスのちゃんとしたリメイクが欲しいですね…あの時代のスクエニのPS1のRPG、特にクロノクロスとゼノギアスは話がとっちらかっててもう一度整理して作ってほしいです

ゼノシリーズはゼノブレイド2が初プレイだったので、他の作品については疎かったです。光田さんが音楽を手掛けているシリーズということは知っていたのですが。機会があれば手を出してみたいです。

>次週のブラジルの卑怯パートは10分くらいで終わらせてあとはマジ試合に持って行ってくれることを願います

途中で改心してくれたら言うことないですよね。これまでの使徒よろしく反則をしまくったのに負け!という試合内容になったら株が下がるどころの話ではありませんので。
次はメリケンサックでも持ち出してくるのかもしれません。

相手選手を負傷させるのが問題であって、地雷原自体は他の必殺技と大差ないですよね
リローデッドから登場していた「空気の層」はアレオリ世界では必須スキルなんですかね

> さん

>相手選手を負傷させるのが問題であって、地雷原自体は他の必殺技と大差ないですよね

パッと見明らかに地雷原クラスに危ない必殺技はありますよね。普通にスパークウィンドなんかの方が殺傷力が高そうです。
ただ、曲がりなりにも不動と一之瀬を負傷させたタクティクスなので、何かしら説明は欲しかったかもしれません。事故が起きないように使っていたと勝手に解釈していますが。

>リローデッドから登場していた「空気の層」はアレオリ世界では必須スキルなんですかね

アレオリでは必殺技に理屈を付けようとしている描写が増えましたね。それはそれで能力バトルっぽくなって面白いのですが、そもそも必殺技という現象自体の原理が明らかになっていない世界観なので、少し違和感はありました。
プロフィール

as7_9

Author:as7_9
週一で変な日記を書いています。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる