fc2ブログ

【アレスの天秤】26話(感想)

・人間の持つ未知なる力の答え「ファイアレモネード」


「キャスティングアーム」

 西蔭の新キャッチ技。腕が伸びました。
 その後の場面では一度も使用せず、全て「王家の盾」で済ませていたので、単純に強い必殺技ではないようですね。さながら「バックドラフト」や「メテオドロップ」のような、意表を突くタイプのシュート技に対応するためのキャッチ技でしょうか。
 尤も、「火だるまバクネツ弾」がそのようなシュート技には見えませんが……。あれを止める時点で相当威力の高い必殺技だと思うのですが、一度しか見ることはありませんでした。


「スカイウォーク」

 野坂がいきなり繰り出したドリブル技。空を歩きました。
 「スカイウォーク」はGOで信助が使っていた必殺技です。ということで、GOの必殺技がアレスの天秤で初登場しました。
 これでGOにあった必殺技はアレスの天秤でも出すつもりがあるという意志を見せてくれたので、ゲームでは他にも実装されるかもしれませんね。「トリックボール」や「エレファントプレス」辺りのメインキャラと関わりのない必殺技は出しやすそうです。
 「グレートマックスなオレ」なんかはかなり人気も高かったですが、流石に出すのは厳しいでしょうか。あれは210年後の必殺技ですし。


「氷の槍」

 氷裏の新しい必殺技です。
 「氷の矢」はパスの必殺技だったわけですが、これはそのままゴールへ向かって行ったのを見る限りシュート技のようですね。
 一応新必殺技なのですが、残念ながら西蔭には普通にキャッチされてしまいました。
 

「ファイアレモネード」

 剛陣先輩の新必殺技です。
 一話から名前だけ登場していた幻の必殺技を現実にしてしまうという、究極の伏線回収です。ここまで長いスパンで完成させた必殺技は、イナズマイレブンでは初めてだったと思います。

 隣で小僧丸がオリジナル技を繰り出している中でなおレモネードレモネード言っていたのは、お父さんの影響もあったのですね。
 「ファイア弾道補正」や「バックドラフト」などによる搦め手は得意としていたものの、明日人や小僧丸と比べると単騎での決め手に欠ける剛陣先輩でしたが、ついに「ここぞって時に」嘘を本当にしてしまいました。スプラッシュ!



・ただひとり、自分だけのてっぺんを目指した者

 決勝戦のスコアは3-2となりました。
 決勝点を決めた人物が明日人でも灰崎でもなく、まさかの剛陣先輩です。剛陣先輩が物語に終止符を打つことになるとは、こんなの誰が予想したでしょうか。
 無印であれば染岡さんが、GOであれば倉間が決勝点を決めて勝つようなものです。
 準決勝で円堂を突破するという快挙も成し遂げていましたから、もはや彼は伊那国雷門最強のストライカーと呼べるほどに活躍はしていると思います。明日人の「シャイニングバード」とか白恋戦以前の相手にしか通用しなかったわけですから。

 剛陣先輩が活躍しすぎたせいで、灰崎が正直なんの為に来たんだよ感がすごいのですが大丈夫なのでしょうか。
 まあ、今回灰崎が無双して勝つようであれば雷門らしい試合ではなくなってしまうので、これはこれで良かったのかもしれません。一応「グリッドオメガ」を攻略するという活躍は見せましたしね。


 最後は主人公達が決めて欲しかったという気持ちは確かにありましたが、アレスの天秤を否定するという意味では剛陣先輩によるトドメは適任だったと思っています。
 ピッチの22人の選手のデータを算出し、最も勝率の高い戦法を取るのが王帝月ノ宮のサッカーです。
 対して伊那国雷門が取った最後の攻めの一手とは、最もシュート得点回数が少ないストライカーである、剛陣先輩にボールを回し続けるというものでした。

 これが王帝月ノ宮ならば、相手の意表を突くシュート以外ではほぼ得点が成功していない選手にボールを集めようとするでしょうか? 試合途中で成長することを願って、ノーマルシュートしかしない選手の背中を押そうとするでしょうか?
 しかし、明日人と小僧丸は剛陣先輩のことを信じ、少ない残り時間の中、彼にパスを出し続けました。
 剛陣先輩はチームメイトの期待に答える形で、自分が雷門へ行く前からずっと思い描いていたシュートを、ついに実現させたのでした。

 これがアレスの天秤のサッカーには存在しない、人間の未知なる力による勝利だったと思います。
 人間らしさとは無縁なプログラムサッカーではなく、泥臭い努力をした者に対して勝利の女神は微笑む。実にイナズマイレブンらしい結末だったと思います。



・野坂悠馬、命を賭けた策略

 野坂の言動はこれまで多くが謎に包まれていましたが、今回ついに全てが明らかになりました。

 結局、野坂がどういう想いで決勝戦に臨んでいたか、前回の時点ではわかっていなかったんですよね。
 決勝戦の結果によってアレスの天秤の存在意義が決まるというのはわかりますが、彼自身はどうなって欲しいのかという感情が不明でした。
 勝利することでアレスの天秤によるサッカーを肯定したいのか、はたまた敗北することで否定したいのか。

 これまでの言動及び自身が携わっている以上は前者なのかなと思っていましたが、今回の話を見る限りでは後者だったのでしょうか。
 自分がアレスの天秤の最大の被害者であり、情報操作によってもみ消された闇の部分を全て把握し、あれだけ寝首を掻く下準備をしておきながら、プログラムを肯定したいという気持ちは流石になかったでしょう。
 野坂は決勝戦が始まる前から既に、御堂院をギロチン台にかけていたも同然だったというわけですね。
 

 代償はあるものの、人智を超える力を手に入れることができるのがアレスの天秤というプログラムです。その力すらも人の力に負けてしまうということがわかれば、いよいよアレスの天秤は存在意義がなくなってしまいます。
 ですから野坂はこの決勝戦で、自身が敗北することによって、明日人と灰崎が勝利することによってそれを証明したかったのだと思います。
 「何かを成し遂げたい」と言っている以上、野坂自身は結果がどう転んでもいいと考えていたのかと思われていましたが、彼の本当の気持ちはアレスの天秤を潰したい、というものだったと思います。

 わざわざ手術を遅らせて試合に出るような危険を冒さずとも、自分を証拠品として提出すればGGやんけと言われるかもしれませんが、前述のように彼としてもアレスの天秤を真の意味で否定したかったのでしょう。
 それに、王帝月ノ宮が敗北してアレスの天秤の信用が下がった今動くことにこそ意味があると言えます。

 最終的には試合終盤で王帝月ノ宮が「アレスの天秤なんて関係ない!卍俺達のサッカー卍をやろう!」と言う展開になるのかと思っていたのですが、この敗北によってアレスの天秤が意味を失ったと野坂が認めている以上、彼らは試合が終わるそのときまでアレスの天秤の呪縛からは逃れられなかったのですね。
 今までずっとアレスの天秤の下で練習を積んできた以上、いきなり逃れる術なんて存在しないのですが。そう思うと悲しい決勝戦だったと思います。


 野坂の命を賭けた策略によって、アレスの天秤は完膚なきまでに叩きのめされることになりました。
 サブタイトルにもなっていたアレスの天秤による暗躍は、これにて幕を閉じたのでした。



アレス26話

 これにてアレスの天秤の半年間に渡る放送が終了しました。終わってみるととてもあっという間でしたね。
 スタッフの方々、製作お疲れ様でした。半年間毎週を楽しみにしながら生きていました。

 大体は今までの感想のまとめのようになると思いますが、後々アレスの天秤の総括・総評のような記事を投稿したいと考えています。
 これまで記事において否定的なことを書くのはなるべく自重していたのですが、そういう部分も含めて書けたらいいなぁと。総括といっても簡潔なものになると思うので、来週中には上げられると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはヤッシブーンです。
投稿お疲れ様です。
灰崎が全然活躍してなかったのは残念でしたが剛陣先輩が最後大活躍したのにはマジで興奮しました。
脳腫瘍がアレスの天秤のせいであるという僕の考えは当たってたわけですねふっふん。
すいませんそもそもここにコメントするきっかけになった茜ちゃんについての考察は的はずれでしたすいません。
シリーズを振り返るとやはりサバサバした薄さは否めませんかね。
御堂院の目的も分からずじまいですし。
それでもテンポよく見れたのは良かったです。
オリオンの刻印にも期待します。
ではまた。

毎週の記事投稿お疲れ様でした。試合の方は確かに予想できない展開でした。明日人でも、灰崎でもなく、剛陣が決めるとは。
アレス全体を通して見ると、世界編への繋ぎの印象が拭えませんでした。キャラの掘り下げをギャラクシーの様にメンバー全員分やって欲しかったです。

今回で1番嬉しかったことは西蔭がよく活躍してくれたことです。1話を見た時からOPのトリを飾っているやたら筋肉のついた西蔭をみて、野坂ではなくこいつが最後に立ちはだかるラスボスなんだろうなと期待していました。王家の盾もかっこいいし星章戦でオーバーヘッドペンギンをやすやすと止めて期待感はどんどん高まっていましたが、先週前半戦で2得点を決められてちょっと不安になっていました。でもそれは杞憂だったみたいです!今回は小僧丸の最大火力の火だるまバクネツ弾を握りつぶし、ついに完成したと鳴り物入りの新技氷の槍も危なげなくガッチリと止め、キングスランスの威力を上乗せしたカウンタードライブでさえDFの協力はあったもののしっかり止めてくれました。イナズマのラスボスキーパーというと、前半戦はだいたい止めるものの試合が終わりに近づくにつれてどんどん失点し最終的なイメージは弱い方に傾いてしまうことが特にアニメでは多いですが、今回はその逆パターンをやってくれたので「さすがはOPの大トリを飾るだけはある!」という評価を下すことができます。
ファイアレモネード、想像していた通りの技でした。スプラッシュ!で弾けるのはイナズマのシュートらしくて爽やかな感じで楽しいです!ああいうのはストライカーズでボイス付きで使ってみたいですね。派手なエフェクトも映えると思うので。
たしかに剛陣はアレスとは対極にあった存在だとは思うんですがやっぱりケリは灰崎につけて欲しかったというのが正直なところですね…ただ灰崎のアレスへの感情を押し出してしまうと明日人まで関わりが薄くなってしまうことや灰崎もアレスに関わりすぎたというのはあります。
シャイニングバードとパーフェクトペンギンはあからさまに対になっているので合体技が出ると信じていたのですが世界編までお預けのようです。あの二人の合体シュートは絶対に見たいです
相変わらず王帝の必殺技はあの二人以外見ることができなかったのでゲーム版に期待ですね、スカイウォークがだいぶかっこいい感じになってましたね!あれはあれでまた違った感じにフェイに似合うんじゃないでしょうか。黄名子には… GOの技だと神童のオシャレな奴がほしいですね、あと個人的に好きな火縄バレットとか…
アレスの結末、御堂院はあっさりやられましたね。野坂がそれだけ体を張ったということなんでしょうが脳腫瘍は結構大したことないやつだった…?
灰崎と茜はハッピーエンドで終わって良かったです、あの二人には末長く仲良くいてほしいですね、世界編でも茜の出番があると嬉しいです

灰崎は合体技がないどころか結局必殺技を1つも使ってないので…真空波をうつのは灰崎にしかできない役割だったとは思うのでいらなかったとは思いませんが
キングスランスを止めに入った時に灰崎もさすがですがのりかの避け方もだいぶ見事ですよね…あの反応はなかなかできません
今回というかアレスで感じるのは明日人は鼓舞する主人公だな、ということです
それも円堂のように後ろにどっしり構えるのとも天馬が前で引っ張るのとも違い同じポジションに立ち横からフォローしていく役割なんですね、オリオンでは星章戦で一瞬でたスタミナ方面の話をもっと明日人の強みとして推しだしてほしいです
休憩での明日人の演説も明日人らしさがあって、この部分は円堂でも天馬でもないキャプテンなところが見れたので良かったです
最後妙に主人公3人が仲良くなってましたね、とくに野坂と灰崎。
灰崎が御堂院にシュートを食らわせるところは正直けっこう好きです。

No title

今回はまた馬鹿試合になるかと思いましたが
意外と無難な点差で終わりました

No title

>ヤッシブーンさん

こちらこそコメントありがとうございます。
衝撃の結末とは聞いていましたが、まさか最後に決めるのが剛陣先輩だとは思いませんでした。嘘を本当にした『ファイアレモネード』はとてもかっこよかったですね。
私は流石に脳腫瘍は野坂の持病かな、と思っていたので当たっただけすごいと思います笑
歴代イナズマイレブンと比較すると主要人物が倍になっていることもあってか、大人達の暗躍はかなりかわいいものになっていましたね。全話試合回という試みがあった分、テンポが良いのはよかったと思います。


> さん

ありがとうございます。
てっきり最後は明日人と灰崎の合体技のようなもので決めるかと思っていたのですが、まさかの剛陣先輩でしたね。
世界編のことを見据えていたためか、後々イナズマジャパンに選ばれることになるライバルキャラが優先的に掘り下げられていましたね。明日人の描写もかなり不足していたと思うので、オリオンの刻印では期待しております。


> さん

西蔭はとても魅力的なキャラでしたね。ついに完成させた『火だるまバクネツ弾』や『氷の槍』を見事に止めてしまったので、最後の敵として申し分ない強さでした。
確かにポセイドンも千宮路も得点ラッシュで巻き返される、というパターンでいつも負けていましたね。ラスボスチームの守護神としては珍しく、威厳を保っていたと思います。
近くで野坂を見守るという西蔭の立ち位置はとても渋く、私もアレスの天秤を通して一番好きなキャラクターになりました。
嘘から出た真、『ファイアレモネード』はとてもかっこよかったですね。確かに私も記事ではああ書いたものの、最後は一番アレスとの因縁があった灰崎が決めるべきだったと思います。彼はこの物語の主人公なのですから。
『グリッドオメガ』を攻略したり『キングス・ランス』を止めたりなど、今回灰崎がいなければ負けていた場面はあったとは思いますが、やはりカッコイイシュート技で決着をつけて欲しかったです。
まさかGOの必殺技である『スカイウォーク』が出るとは思いませんでした。私もあのモーションの方が好きなので、イナストでも使ってみたいと思いました。
御堂院は明確に何か悪いことをしたというのも実感しづらく、中途半端な悪役で終わってしまったという印象です。
明日人は確かに円堂や天馬とは違ったタイプの主人公でしたね。選手達を引っ張るわけでも後ろから支えるわけでもなく、あくまで隣から後押ししてあげるのが明日人君の魅力だったと思います。


> さん

イナズマイレブンの最終試合といえば謎の得点ラッシュがお約束ですよね。
万作に得点シーンを与えたのは世界編で代表入りするための口実かな、と思いました。
プロフィール

as7_9

Author:as7_9
Twitter
Youtube
毎週水曜19時26分より放送中

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる