fc2ブログ

【アレスの天秤】21話(感想)

 体調不良で寝込んでいたため、アレスの天秤の視聴及び記事の投稿が大幅に遅れてしまいました。
 毎週当ブログに足を運んでくださっている方々、申し訳ありませんでした。コメントがいつも励みになっています。



・準決勝の対戦相手、利根川東泉中

 早くも準決勝ですね。無印の本戦は四試合、GOのホーリーロードの本戦は六試合あったと思うのですが、今回はその中間の五試合となるようです。
 アレスの世界は正史の世界線以上にサッカーの人気が爆発しているので、GOよりも出場校が少ないというのは違和感もありますが、無印から一年しか経過してないことを考えるとこんなもんでしょうから。予選の形式からしてGOよりも絞っていたでしょうし。

 準決勝の対戦相手は、利根川東泉中。
 利根川東泉は無印でもGOでも登場しなかった中学であり、しばらくの間謎に包まれていましたが、その実態は弱小軍団ですらない素人軍団でした。
 やる気のない部員だらけだった雷門とは違い、そもそもサッカー部すら存在しなかったという。
 そんな中学に円堂はやって来ました。「弱小サッカー部を優勝へ導く」ということをまたもやこの男はやろうとしています。

 メンバーを他の部から引き抜いたということは選手の運動能力はそれなりに高いと思うので、素人と一口には切捨てられないのかもしれません。
 それでも一から部を作り上げるという労力は計り知れません。まずメンバーを集める段階から難しすぎます。
 また、雷門のときはチームメイトが最初から友達同士だったからいいとして、初対面の連中を集めてひとつにまとめるというのも人間業では不可能に近いです。そんな悪条件でチームを準決勝まで導くとは、円堂さんは恐ろしや。


アレス21話

 それにしても、気になるのは何故こんな中学に伝説のキャプテンが派遣されたかということです。
 サッカー部すら存在していない中学に強化委員を派遣し、勧誘を繰り返して無理矢理サッカー部を作り上げるって、強化というかただの布教だと思うのですが……。
 日本サッカーの活性化という意味ではありなのでしょうかね。あるいはそれをするだけのポテンシャルが利根川東泉にはあったのかもしれません。実は昔は強豪だったとか。

 また、フットボールフロンティアは出場することすら相当な実力が要求されるという話だったのですが、その辺りは大丈夫だったのでしょうか。
 そしてスポンサーがいないとそもそもサッカーができないという問題もあります。
 まあ、これらは円堂守というブランド力のおかげで顔パスだったのかもしれませんね。そもそも強化委員の派遣自体がサッカー協会の意志によって決められていたことでしたから、その辺りの問題はコネでなんとかしてくれそうです。


 なんにせよ、伊那国雷門の準決勝の相手は利根川東泉となりました。
 非常に主人公感のあるチームであり、何よりもGKが今までとは格が違う相手です。これまでなんとなく流れでノーマルシュートで得点してきた雷門も、今回ばかりは通用しないのではないでしょうか。

 明日人達はたとえ相手が伝説の存在であろうと前向きに練習をしようとしましたが、監督の趙金雲が唐突に家庭の事情でどこかへ行ってしまったことで、雷門もタイトル通りバラバラとなってしまいました。
 趙金雲は歴代の監督達と同様に、序盤だけ異様に目立って中盤以降は空気化するといういつもの流れを踏襲していましたね。本戦では何もしてくれませんでした。

 それでも歴代の監督と比べると、趙金雲はかなり活躍していたと思います。それこそ予選では趙金雲に頼り切りであり、選手ではなく監督が主人公になっていると言われるレベルには。
 趙金雲は紛れもなく本戦へと導いてくれた立役者ということで、明日人達もとても頼りにしていた監督でしたから、やはり離脱による精神ダメージは大きかったのでしょう。



・道成達巳、キャプテンとしての器

 そんな生きる伝説とも言える対戦相手に一番緊張を感じていたのは、他でもない道成キャプテンでした。
 キャプテンなのにここまで地味なのはありえないので、いつか覚醒イベントでも用意されるのだろうとは予想していましたが……それにしても準決勝のキーマンだとは中々好待遇ですね。
 実際に今回部員を鼓舞するような振る舞いをした矢先、「急にキャプテンらしくなった」などと言われてしまったので、みんなとしても彼をキャプテンとして特別意識しているようなことはあまりなかったようです。


 チームメイトの一人が人間くさい悩みを抱えて試合まで引きずっていくという、実にイナズマイレブンらしい展開となっていました。
 特にGOはこの手法が多かったです。大体試合の終盤に悩みを解決させ、主題歌BGMをバックに必殺技を繰り出して逆転勝利、解決させたきっかけの一言が今日の格言として選ばれたりするんですよね。王道でした。

 とにもかくにも、イナズマイレブンらしい展開だとは書きましたが、今回においては「ついに来たか!」という印象でした。
 以前の記事でも書きましたが、伊那国雷門は陰を全く感じさせないチームです。のりかが悔しがっている姿はリアルではありましたが、苦悩しているキャラクターといえば灰崎が真っ先に挙がりますし、悩んでいるのはいつも敵チーム側の方でした。
 このまま伊那国雷門は平和な路線でいくのかと思っていましたが、一概にそういうわけでもなかったようです。それも自身の在り方について思いつめるという、なんとも生々しい話でした。


 個人的にキャラクターの弱い部分が描かれてそれに向き合っていく過程というのは、この上ないキャラクター性の掘り下げだと思っているので、やっぱり必要な描写だと思いました。
 これまでも雷門のメンツ(特に剛陣や氷浦)は何気ない日常パートの描写でキャラを立たせていたとはいえ、やっぱり物足りなかったです。どうしても相手チームばかり目立ってしまっているような気がしてしまうので。
 
 道成キャプテン、正直なところこれまでは空気でしたから、ようやく彼の本質らしい本質を垣間見ることができそうです。



・野坂、西蔭、杏奈の三角関係

 西蔭の発言からして、どうやら野坂は西蔭に対して自身の病気のことを話していなかったようですね。
 それだけ西蔭よりも杏奈のことを信用していたということでしょうか。あるいはその逆であるからこそ、あえて彼には伝えなかったのでしょうか。
 西蔭は野坂に対して畏敬の念のようなものを抱いていますが、野坂にとっての西蔭は、もしかしたら杏奈の言うような関係なのかもしれません。とか誰かが妄想してそう。



 そういえば本日、イナフェスで日本代表イレブンが発表されますね。
 せっかくなので私が2分で考えた予想を投げておきます!

FW:明日人、小僧丸、灰崎、豪炎寺、佐久間、士郎、アツヤ、なえ、タツヤ、ヒロト
MF:氷浦、道成、水神矢、鬼道、不動、アフロディ
DF:風丸、壁山、万作、坂野上
GK:円堂、西蔭

 全然当たってなかったら後ろ指を指して笑ってください。

コメントの投稿

非公開コメント

初めてコメントさせて頂きます。今回のお話では、チームをまとめようとするキャプテンと個人練習を重視する明日人以外のメンバーの対立が描かれました。これらの描写は今までの仲良し雷門からすると落差が激しく、この人達実はあまり仲良しではないのではと思ってしまいました。ですがキャプテンを元気付けようとする明日人にはこれまで同様チームへの気遣いが感じられました。試合の中で雷門がどう変わって行くのか今から楽しみです。

汗を吹き出して死んだ目で狂ったように壁を磨き続けるゴーレムで笑ってしまいました。
次の試合、道成キャプテンにはすごく頑張って欲しいです!坂野上と対決することになるんでしょうか
合体技で1-1になった後円堂が前に上がってきて打つシュートを明日人小僧丸のりかでカウンターするも円堂もこれを無力化して弾き、つないだボールが道成へ!みたいな展開だと自分好みです
小僧丸はもうちょっと冷静に勝つことを見据えていて欲しかったので当たり散らしていたのは少しマイナスポイントです…
代表、発表されましたが少し見たいキャラと選ばれていたキャラがずれていて複雑な気分です、まぁ個人の気持ちなので当たり前なんですが
なんにせよ次の試合は楽しみです!!

No title

どうもヤッシブーンです!
旅行やら何やらでまあ投稿が遅れてしまっていましたが別に謝る義理もないので謝りません。(嘘です申し訳ないですごめんなさい。)
今回すごい作画崩壊が目立って内容が全然入ってきませんでした。
これまでもしてた様な気はしますが今回は選手全員の落差が激しすぎて気になってしょうがなかったです。
今回利根川を、特に円堂を応援する声が多いですね。
やはり旧キャラが噛ませになるのが懐古厨には許せないんですかね。僕はどうせ世界戦で仲間になるから別にいいと思うんですけどね。伊那国負けろとかしか言えずに視聴できないのは可哀想だなと思いますね。それにパラレルだし。

No title

> さん

初コメありがとうございます。
確かに監督がいなくなったという原因があったとはいえ、この仲違いはあまりにも唐突でしたから、今まで仲良く見えたのもたまたまだったのかなと感じました。思えばアツヤの一言で仲間割れしてたこともありましたね。
明日人はこれまでの主人公を踏襲している、太陽のような存在ですね。現状では無敵のような人物ですが、彼が壁にぶち当たる日も来るのかもしれません。


> さん

監督がいなくなってからの部員の変わりようは凄まじいですよね。ああ見えてもそれだけあの監督が頼りにされていたということでしょうか。
やはりこれまで目立ってきたのは北極グマ組の三人でしたから、他のキャラクターにスポットライトを当たる機会がもらえるというのは楽しみですね。そんな展開だったら熱すぎます。
小僧丸は美濃道三戦でも監督の練習指示に反発したりしていましたから、豪炎寺とは掛け離れたようなキャラですよね。あの時は自分の信念を大事にしているという見方もできましたが、今回は……。
アレスの天秤で初登場した一部の人気キャラクターが未参戦となるのは残念でしたね。まだ発表されていないメンバーもいるようなので、一縷の望みに賭けたいと思います。


>ヤッシブーンさん

旅行お疲れ様でした。お若い内に思い出をたくさん作るのはとても大事なことですから、お気になさらず。
確かに今回は作画が全く安定していませんでしたね。キャラクターの顔が映る度に別人になっていたので、流石に違和感がありました。
そんな声もあるんですね。個人的には逆にここで円堂が勝ってしまったら、円堂を神格化しすぎているようで嫌だなと思ってしまいます。
今回はあくまで主人公が稲森明日人の物語として試合を見届けたいですね。
プロフィール

as7_9

Author:as7_9
Twitter
Youtube

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる