fc2ブログ

【千恋*万花】感想

千恋万花

2016年7月29日にゆずソフト様より発売された、18禁恋愛アドベンチャーゲームです。
追記よりネタバレを踏まえた感想になります。

続きを読む

【義賊探偵ノスリ】感想

義賊探偵ノスリ

2022年12月22日にアクアプラスより発売されたアドベンチャーゲームです。
立ち位置としては『うたわれるもの』シリーズのファンディスクにあたる作品となります。


クリアタイム



初回プレイでTRUE ENDに辿り着くまでにかかった時間は2時間弱でした。
全エンディング回収や全サブエピソード回収を含めると、フルコンプまでにかかった時間は約3時間半でした。

ちなみに内1時間はスキップ主体で二周目をプレイしていた時間でした。というのもエンディング条件の内のひとつが「道中で推理を2~5割間違えながらクリア」というシビアなものであり、中盤以前のセーブデータを作っていなかったせいで最初からやり直す羽目になったからです。
そして一周するのにかかる時間が2時間弱なのにも関わらず、スキップ主体の二周目に1時間かかったという時点で、どれだけこのゲームのスキップが遅いかが伝わると思います。もうやりたくない。


システム



システムはまんま逆転裁判です。
探偵パートと法廷パートを交互に繰り返されます。探偵パートでキャラクターと会話や身体検査をしながら証拠品と証言を集め、法廷パートでノスリのムジュンを暴いていきます。

ちなみに尋問は合計で四回しかありません。「法廷パートが四回ある」ではなく、「尋問が四回」あるだけです。
それも証拠品の種類が少ないことから難易度が極端に低いので、ゲームとしての歯応えは見出せないと思います。


良かった点



ゲームとしては会話のノリは原作の偽りの仮面さながらであり、オシュトル生前のヤマト勢の和気藹々とした雰囲気を楽しむことができます。
特にノスリがメインのゲームなのでノスリが好きな人にはおすすめできます。
また、トゥスクル勢の何人かが登場してくれる上にヤマト勢との希少な絡みを見ることができるので、そこはファンにとっては嬉しいポイントかもしれません。

ちなみにタイトルは義賊探偵ノスリとなっていますが、実際にはストーリー中は全てハク視点で進行するので、主人公はハクです。ハクの台詞量はノスリの倍あるそうです。
また、利根健太朗さんが「偽りの仮面を復習しながら演技に臨んだ」という心温まる舞台裏があったことがキャストコメントで聴けます。;;

【デスカムトゥルー】感想

デスカムトゥルー

2020年6月25日に𝓘𝔃𝓪𝓷𝓪𝓰𝓲 𝓖𝓪𝓶𝓮𝓼より発売されたアドベンチャーゲームです。

公式のキャッチコピー『これは、映画なのか?ゲームなのか?』が示す通り、実写映像を用いたADV作品となっております。
定価1960円で購入できるゲームであり、一周にかかる時間は約2時間、フルコンプリートにかかる時間は約4時間ということで、コンパクトにまとめられたゲームです。
キービジュアル画像ではあたかも参加者六人のバトロワ・デスゲームもの感を醸し出していますが、そんな設定はありません。加えて言うなら真ん中の二人以外はほとんど登場せず、他はというと左二人がちょこちょこ出番があるだけです。右の二人に関してはBAD ENDを踏まない限りまともに登場すらしません。

追記よりネタバレを踏まえた感想になります。

続きを読む

【イナスト2013Xtreme】世界への挑戦 the final chapter 振り返り

ルールはこちら→https://infi-nity.hatenablog.com/entry/2023/11/22/031140


イナズマジャパン



ヒロトやカノンのシュートチェインが強く、虎丸のグラディウスアーチや吹雪のウルフレジェンドから拾えれば大きな決定力を叩き出すことができます。
また、大会中に追加された「合体技二得点」のルールの恩恵を最も受けることができるチームであり、中でも吹雪のビッグバンは環境への刺さりや撃ちやすさから強力な武器となっています。
守備面はパーフェクトタワー組を使用することができるので、頭一つ抜けて優秀です。特にリトルギガント相手には木暮とサプリ塔子が猛威を奮います。


リトルギガント



エアライド三連星によるノーマルシュートの暴力が持ち味です。
大会途中からオルフェウスやザ・キングダムやチームガルシルド等の本戦のキャラクターも使えるようになり、キャラプールが大幅に増加しました。
SBO相手には強く出れるロニージョや、優秀な中盤キャラであるマルコやジョジョ、SB不足を補えるアンジェロやコヨーテが使えるようになり、大きく取り回しが良くなりました。


SBO



ダークエンジェル+オーガの混合チームです。
どちらも統一チームとして使った場合は隙を見せてしまうことも多いですが、ダークエンジェルのSBやGKの弱さ、オーガの攻撃面や中盤の弱さが合併によって完全に補われており、最強のチームとして返り咲きました。
何よりもウイネル+メフィスト+バダップの前線が何をどうやっても対策不能であり、リトルギガントのほぼ上位互換のチームとして君臨しております。



アッパー修正が二度入ったこともあって結局どのチームが強いのかはわかりませんでしたが、最終verでは『SBO>リトルギガント>イナズマジャパン』という序列だった印象です。
SBOが無敵のチームと見せかけて、リトルギガントはロニージョの存在もあって案外SBO相手には良い勝負ができそうにも見えますが、どうなのでしょうかね。結局対イナズマジャパン適性の高いSBOがトップなのは揺るがないと思いますが。








一回戦 vs ラウフロさん





負け 0-2

イナズマジャパンvsSBO。
ウイネルもメフィストもバダップも一切止まらないので無理でした。ミキシもチェインもされてないのに技使用回数35回って何?
DFは足が遅い上に突進もないので神ゲーを喰らうのも時間の問題でした。5有利のチェインも止められてしまったので運もなかったです。萌二さんも怒っています。
最後は切断しようか迷いましたが、聖人なので踏みとどまりました。この一線は越えてはいけない


二回戦 vs インフィさん





勝ち 5-3

イナズマジャパンvsリトルギガント。
エアライドによる展開を許してしまうものの、上振れビッグバンが二回通って勝てました。流石にSB要員がゲージ調整のできないユームやマッコールでは合体技のケアをする難易度も高そうに見えました。
前半は木暮が、後半はサプリ塔子が強かったです。SBOがおかしいだけでこれぐらいの攻守バランスが健全な気がします。
この試合の後にリトルギガントが大幅にアッパーされました。ここまで防御面が固くなるとビッグバンによる得点に再現性も生まれないでしょうし、流石にイナズマジャパン側が不利を背負いそうです。


三回戦 vs katu6さん





勝ち 7-1

リトルギガントvsイナズマジャパン。
決勝戦を再現したチームで来そうなのは予想ができていましたが、せっかく強化された要素を使いたくてガチ編成で行ってしまいました。空気を読めなくてごめんなさい。
手がかじかんで連続突進を三回失敗しましたが、それでもこのイナズマジャパンに対してエアライドは暴力でしかなかったです。メガネクラッシュも吹雪と技無し綱海の居るサイドとかち合えれば撃ちやすいのも当たり前でした。



結果:不明


bachibachi.png

集計の行わない大会ということで実質交流戦だったので、順位は不明です。
順位を付けるとしたらおそらく2勝1敗が三人横並びとなっており、それが直接対決で三すくみとなっているので、得失点差によって1~3位が決定すると思います。まあ、途中でルールに調整が入る大会だったので順位に意味はないと思います。
プロフィール

as7_9

Author:as7_9
Twitter
Youtube

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる