fc2ブログ

ありがとうスマブラfor

 24時間後についにスマブラSPが発売されるということで、ここでスマブラforの総括をさせていただきます。

続きを読む

動画勢 part8



 公式がゲーム大会の告知をするとは珍しいですね。

 スマブラはまさかのダブルス大会となりました。
 やはりスマブラの宣伝文句は「大乱闘」ですから、1vs1の対戦よりも4人全員が入り乱れる試合形式の方がゲーム性を肯定している、ということでしょうか。


 実際のところ、スマブラはタイマンだけだなくダブルスも人気がありますよね。
 四人全員の動きを見なければ勝つことのできないので、タイマンよりも難しいという声もあり、競技性の高いルールとして支持されています。

 まあ……キャラバランス的には例の限界を超えてくるやべーやつがどう考えても強すぎるので、流石にキャラパワーの釣り合いはタイマンよりも悪いと思われます。
 それでもそのキャラクターは「一部の行動だけしていれば勝てる」ようなゲーム性を欠いたような性能をしているわけではなく、プレイヤースキルが顕著に出るようになっています。
 ですから、たとえ四人全員がそのキャラクターを使っているような対戦になったとしても、観戦している側としても見応えのある試合になってくれます。


 スマブラの次回作も、そろそろ発表してくれると良いですね。
 次回作が出るとしたら、スプラトゥーン2、ポケモン第七世代、ARMS、ゼノブレイド2から最低一名ずつは参戦しそうです。
 ポケモン枠は誰になるんだろう……ミミッキュかなぁ。

 個人的な次回作の要望としては、「サイレント修正」はもうやめて欲しい……というのが本音です。
 スマブラのサイレント修正は別のゲームと比較しても一線を画しており、「事前予告なしに」「調整内容を一切公開せずに」「課金キャラを含めて」下方修正してくるという暴挙です。
 こんなことをするゲームってスマブラぐらいではないでしょうか。

 シークが弱くされた時はかのZeRo様も激怒していました。お金を貰ってゲームをしているプロプレイヤーからしてみれば、自分が長年使ってきたメインキャラの研究を大会直前に無に帰されてしまったら、怒るのも無理もないことだと思いました。
 せめて何月ぐらいに調整入れるよーとかあらかじめ予告してくれれば良かったんですけどね。

動画勢 part7

 先日EVO2018のメイン種目が発表されました。



 EVO Japanでは競技種目となっていたポッ拳とARMSは、残念ながら入りませんでしたね。


 今年もスマブラ4の参戦が無事決定しました。

 スマブラ4はどちらかと言えばパーティゲーム寄りであり、この中で見るとポッ拳やARMSよりも更に格闘ゲームらしくないゲームだと思うのですが。それでも4年連続で競技種目に選ばれている辺り、流石だと思いました。
 スマブラ4は最後の性能調整が行われてからもう二年が過ぎようとしていますが、こうして未だに種目として選ばれるということは、やはりそれなりに人気のタイトルであることが伺えます。


 他に注目するべき点は、ドラゴンボールファイターズが選ばれたことでしょうか。
 このゲームに関してはEVO2017で参戦映像が流されたりしてましたから、今年は種目としてまず選ばれてくれるだろうと思っていました。

 ポッ拳と同様にどのくらい流行っているかわからないゲームでしたが、海外勢がよくTwitchで配信してるのを見かけますし、そこそこ売れてそうですね。改めてドラゴンボールというブランド力の凄まじさを思い知らされました。
 このゲームも観戦するのは面白いので楽しみになりました。EVOまでに人が離れていなければ良いですが。

 やりたいので早くswitchでも出してください。

エンジョイスマブラ日記 part11

 スマブラ4ではどのキャラの空後(空中後攻撃)が一番強いのか、ということが話題になっていました。

 空後はどのキャラが使っても、自分の後方を中心に攻撃判定が発生するのが特徴の技です。
 空中にいないと出せない上に、相手に背中を向けていないとヒットさせることができないので、初心者にとっては扱いにくい技だと思います。少なくとも私が地元でキッズをやっていた頃は全く使っていませんでした。

 そんな出しにくく当てにくい仕様である代わりなのか、どのキャラの空後も非常に強力な性能をしている印象です。
 一概に弱いと言えるのなんて、リトルマックの空後ぐらいではないでしょうか。リトルマックにせよそういうコンセプトのキャラなのですから当たり前ですし、地味に本人の使う空中攻撃の中では一番バースト力が高かったりするので、やはり腐っても空後であると思わされます。
 とにかく空後はほとんどのキャラが、立ち回りやバーストにおいて要としている技だと思います。


 どの空後が一番強いかという話になりますが……本人の機動力や当たり判定に依存する上に、何よりも技毎に役割が違いすぎますから、決めるのは難しいですよね。
 マリオの空後とシュルクの空後なんて、全く別のベクトルの強さを持っています。前者はリーチには若干欠けるものの、回転率を活かして先出しするような形で押し付けていくことができます。後者は発生は遅いものの、長いリーチと着地隙の小ささが強みであり、相手のリーチ外から叩いて行くのが強い技です。
 また、立ち回り面において優秀な技なのか、バースト面において優秀な技なのか、という違いもありますね。リンクの空後とルカリオの空後は、どちらの方が強いかは別として、どちらにも良さがありますから。

 強いて挙げるとするならば、私が一番強いと思っている空後は、ドンキーの空後です。
 発生と威力と着地隙が優秀なのに加えて、全体Fの短さがおかしいです。
 体を使っての攻撃なので判定には若干欠いてしまいますが、それを補ってあまりある性能を持っている思います。DXからドンキーを支えている技ですね。

 あとはルカリオの空後やリザードンの空後も桁外れの強さですよね。
 こちらはドンキーの空後とは違って発生の早さや回転率は持ち合わせていませんが、威力がぶっ飛んでいます。
 威力の高さとリーチの長さのおかげで、ガードしている相手に当てても反確ももらいにくいですから、割と気軽に振っていける技です。リスクリターンが見合っていないという意味では、かなりのものだと思います。

 技単体として見るならば、上記の三人の空後が自分の中では強く感じます。
 技単体として見るのをやめて、キャラの運動性能を考慮した上で決めるとするならば、現状一番猛威を振るっているのはクラウドの空後でしょうか。
 クラウドを使うのならば、とにかく空後の使い方が大事になりますよね。大会の配信を見ていると、ぴょんぴょんしながら空後を押し付けているクラウドをよく見かけます。

動画勢 part6

 世界最強のプレイヤーが引退を表明してしまったことで、スマブラ界に衝撃が走りました。

 強豪プレイヤーが引退してしまうことは今までも何度かありましたが、ZeRoほどの世界最上位レベルのプレイヤーが引退してしまうというのは、初めてのことでしたね。
 私もスマブラ動画勢として彼のプレイが大好きで、何よりも彼がいたからこそ大会は見応えがあったと思っているので、とても残念でした。


 これで完全にスマブラ界から身を引いてしまうというわけではなく、スマブラの次回作が発売されれば復帰を考えている、とのことでした。 
 
 スマブラの次回作……出るとしたらいつになるのでしょうかね。
 switchでスマブラ5、もしくはスマブラ4の移植版が、いつかは発売されるだろうと睨んでいます。
 しかし、どちらも未だに発表すらされていない状態ですから、製作されるかどうか定かではありません。
 スマブラほど人気のあるタイトルを出さないというのも考えにくいんですけどね。やはり最終的にはディレクター様の考え方次第となりそうです。
プロフィール

as7_9

Author:as7_9
週一で変な日記を書いています。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる