fc2ブログ

原点回帰し、新生する最新作

去年末に新情報が来ていましたね。



試合システムの操作性の話自体は半年前の記事でもされていたので、目新しいことはそこまでありません。
が、ついに動画がお披露目となりました。動画が公開されるのは実に一年と八か月振りですね。


動画内の試合中ボイスはイナストのものを流用してそうですね。イナストをやり込んでいる層ならば天馬がパスした瞬間のボイスで察するものがあったかと思いますが。
というか明日人や灰崎だけ不自然に無言な時点でお察しですよね。まあ、この製作段階でいちいち声を新録しているはずがないので、一先ず過去作から持ってきているのは当然ではあります。

あとは「技を使わずにテクニカルシュート」という名目で、必殺技を使わずに得点っぽいこともしていましたね。
見た目ではGOシリーズのクイックパスを使った横抜けや、イナストにおけるスルーパスシュートに近いものを感じました。
この手の仕様は戦術の切り口が増えたりテクニックに奥深さが増したりする反面、ひとつ匙加減を間違えるとゲーム性を崩壊させかねないというのは前例が証明済みなので、調整が難しくなりそうですね。


他にはキービジュアルにフロイの姿がある、動画で一星が歩いている等、オリオンの刻印のキャラクターが他のシリーズキャラと同等に扱われていることも判明しました。
フロイと一星は紛れもなくオリオンの刻印を代表するキャラクター(※悪口ではない)なので、真っ先に参戦が決まるのも必然ではあるのですが、その他の絶妙な格のキャラクターがどこまで登場するのかは気になるところではあります。
具体的にはチョウキンウンズ()の面々は抜擢されそうではあるのですが、予選のライバルキャラを務めていたサタン・ゴールや、試合中特に活躍もしなかった敵チームのモブ等は怪しいラインではあります。

アレス・オリオンのキャラクターはSDとACが終了した今では、まともに操作する方法が存在しないので、なるべく多くのキャラクターが登場する作品であって欲しいですね。
これで美濃道三中のDF「もりあがり」がリストラされていたら非常にもりさがります。



名前はまだ明かせませんが

新キャラクターのビジュアルも公開されました。左の男の子はサッカーの頂点に君臨するプレイヤーのようです。
歴代のライバルキャラといえば比較的クール寄りのキャラクターが多かったので、歯を見せて笑っている表情を見せてくるのは珍しく感じました。
名前は「まだ」明かせないとのことなので、ものすごい正体が隠されているのかもしれません。来月辺りに大きめの情報公開が来るらしいので、首を洗って待っておきます。

やったー図鑑できたよー(^o^)ノ

fc2blog_20221130064124807.jpg

バイオレットの戦士に手伝ってもらったりしながらなんとか終わらせられました。
シナリオ攻略中も図鑑登録されていないポケモンはなるべく捕まえるように努めながら攻略していたので、クリアした時点で300弱は埋められていたため、案外すぐ終わったと思います。

本作はやはり進化後のポケモンが野生で出てくることが多く、剣盾から追加されたけいけんアメが便利すぎてスゴヤバなので、図鑑を埋めるのは比較的楽に感じました。
なお図鑑完成はさせたものの、ひかるおまもりが今すぐ欲しかったというわけではなかったです。いつもと同じでコレクション要素なのでなんとなく早めに終わらせておきたかったです。


フレ戦用のポケモンの育成は終わったものの、推敲を重ねた結果ヘイラッシャで地割れ連打するだけのパーティと化したので引退しました。

最近読んだ漫画の話

鬼滅の刃



お馴染みの社会現象と化したコンテンツです。一時期は誰と話しても鬼滅の話題になり、どこに訪れても竈門炭治郎の顔を見かけると言っても過言ではないほどでした。無限炭治郎編でした。
確かにあらすじとしては少年漫画らしく王道で受けやすいものであるものの、少年漫画にしては絵柄と作風がやや受けにくいと感じました。

面白いのはわかるけどなんでこんなに人気になるの!?と思っていましたが、やはり映画の効果があまりにもデカすぎたからでしょうか。映画は漫画やアニメと比較しても短い分取っつきやすく、それこそ「みんなが見ているから見る」というノリで触れやすいものでもあります。
一時期は打ち切り寸前という話だったのに、とんでもないシンデレラストーリーだったと感じました。


ワンピース 魚人島編~ホールケーキアイランド編



お馴染みの社会現象と化したコンテンツです。一時期は誰と話してもワンピースの話題になり、どこに訪れてもシャンクスの顔を見かけると言っても過言ではないほどでした。
映画の感想で書いた通り自分は昔はワンピースを追っていたものの、第二部に突入してからはめっきり読まなくなってしまったクチでした。最近の無料公開で改めて読み始めた次第です。
時間がなくてワノ国編は1ミリも読めませんでしたが、ホールケーキアイランド編まではなんとか追うことができました。

魚人島編~ドレスローザ編辺りを連載中は口コミではやたら叩かれていた覚えがあります。
自分としてもシャボンティ諸島でルーキーが登場してからは作品の雰囲気が丸っきり変わった印象がありました。
新世界編からはとにかく登場キャラクターが増えすぎて、読んでいて混乱すること必至です。特にドレスローザ編のごちゃごちゃっぷりは顕著でした。まあ、この辺のごちゃごちゃ感は空島編もそうだったような覚えはありますが……。
シナリオ容量は大きく膨らんだとはいえ、ワンピース特有の笑いあり涙ありの冒険活劇は健在でした。特にホールケーキアイランド編でのルフィvsサンジのシーンは、作中でも屈指の名場面だったと思います。
あと二年で完結するという話も聞きましたが、どうなるのでしょうかね。


SPY×FAMILY



単行本で言うと6巻まで読みました。読んだのは一年半以上昔ですが。
その人気については単行本が凄まじい勢いで累計発行部数が2500万本(『トリコ』『ヒカルの碁』クラス)を超えたり、現在アニメ二期が絶賛放映中ということで、疑う余地もないと思います。

客観的に見ても老若男女問わず楽しめる良い作品であり、人気が出るのも頷けると思いました。
雰囲気としては『銀魂』や『SKET DANCE』が近いのでしょうか。コメディパートとシリアスパートのハイブリッド、という意味で。
ただ、ギャグ漫画といえば下品や低俗なネタを内包している傾向が少なからずあるものの、この作品はそういった部分がほとんどない。そういう意味で本作は非常に万人受けしやすいと感じました。
自分は好きなギャグ漫画が『でんぢゃらすじーさん』と『ボボボーボ・ボーボボ』な時点でむしろ低俗なネタの方が好みな気がするのですが、それでもこの漫画はとても読みやすくて面白かったと感じました。
個人的には山場となる面接試験の辺りが好きです。今から作品を追う方にはとりあえずアニメ四話まで視聴するのをおすすめしたいです。


チェンソーマン



最近アニメが放送開始したということで、話題の作品だと思います。
自分も数ヵ月前に漫画を第一部まで読破したのですが、最初から最後まで完成されている作品という印象でした。
『封神演義』を読んだ時の印象に似ていました。漫画の連載は引き伸ばしも多く、それこそ『ドラゴンボール』や『北斗の拳』は行き当たりばったりでフライトしながら着地して結果的に名作漫画になったという凄い作品ではあるのですが、チェンソーマンについてはそういった感触はありませんでした。(実際は匙加減で展開を決めていた部分もあったようですが。)
何が言いたいかと言うと、伏線がスゴい。そして、伏線回収もスゴい。ということでした。

最初から最後まで完成されているとはいえ、読んでいる時のドキドキ感はこれまで読んだ漫画の中でも屈指だったと思います。
自分は漫画はなるべく完結してから一気に読む派なのですが、この漫画に関しては連載を追っていく楽しみも大いにあったと予想できました。読んでいて途中途中「これからどうなっちまうんだよ……」となること必至だったので。
具体的にどのシーンが衝撃的だったという話はネタバレを含むので詳細は書けませんが、とにかく終盤の雰囲気は異様でした。
作風がえげつなさすぎるので万人受けするかはわかりませんが、名作として今後も語り継がれるべき作品だと感じました。

陽性

某ウイルスに感染してしまって体調が優れないので、今週の更新はお休みです。

蘇れ!俺たちのイナズマイレブン!

一年三ヵ月半振りの新情報が来ましたね。



なんと、タイトルが『イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード』から『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』に変更されました。
ここに来てタイトルを変えてくるとは思いませんでした。かっこいいです。

試合画面のスクリーンショットもいくつか公開されました。
各所で言われていることですが、アレス仕様のアフロディなのにゴッドノウズインパクトを覚えていないことが意外でした。
必殺技の消費TPはイナズマイレブン3と全く一緒だったり。少なくともこの辺はまだ未調整であると感じました。


正直なところてっきり開発はこのまま凍結したものだと思っていたので、ここで新情報を発表してきたことに既に驚きました。
開発の進捗については謎に包まれています。発売日は去年の告知では「2023年の発売が目標」と仰っていましたが、今回の更新では依然発売日は未定のままということで、発売するとしてもまだまだ未来の話になるのかなと考えられます。

元々アレスの天秤も試遊イベント開催の段階まで行ったのにも関わらず開発が実質中止されたので、いくら発表があっても今後どう転ぶかはわかりません。
発売したらなんだかんだで買うとは思いますが、発売される可能性のが低いと見て待ちたいと思います。
プロフィール

as7_9

Author:as7_9
週一で変な日記を書いています。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる