fc2ブログ

グランド・パラダイスフィンガー

暁WORKSより2010年9月23日に発売されたアドベンチャーゲーム、『るいは智を呼ぶファンディスク–明日のむこうに視える風–』をクリアしました。

るいは智を呼ぶ 明日のむこうに視える風

本作は名前通り、『るいは智を呼ぶ』のファンディスクにあたる作品です。
ちなみに厳密には新たにソフトを購入したわけではなく、Vita版『るいは智を呼ぶ』に本作が付属していました。一本のソフトにファンディスクまで丸ごとくっついてくるなんてありがたすぎました。


ファンディスクといえば、「本編ではサブヒロインでしかなかったキャラクター達が攻略可能ヒロインに昇格!」というのがお決まりのやつですね。
本作も実際にそうですし、サブヒロイン達を攻略対象としたルートが展開されますが、所詮本編のおまけファンディスクと侮ってはいけません。立派な正統続編とも言うべき凄絶なシナリオが、なんなら本編をも超える濃密な世界観が展開されました。

個人的には立ち位置としては『るい智2』と言うべきか、本作のエピソードを以って『るい智』は完結したという印象でした。
『るい智』シリーズはキャラクターや日常パートの雰囲気がとても良く、地の文を含めたテキストが面白く、読み解けば読み解くほどメッセージ性を強く感じさせられる構成になっており、自分が求めていたものが数多くありました。プレイする前はここまでハマるとは思っていなかったです。

追記よりネタバレを踏まえた感想になります。




































宮和ルート



常に一枚壁を隔てる為か、他の生徒を心の中で勝手に記号化させて呼んでいるのはなんとも智らしい。その中で唯一名前で呼んでいる宮は、それだけ智にとって特別な存在なんだなぁと思いました。
本編含めても唯一の非呪い持ちのヒロインということで、重要な意味がありました。

筋書きとしては同盟が文化祭でバンドをおっぱじめるというお話となります。
彼女達がひとつの計画に協力して取り組むという姿勢は、るいルート以来となるので面白かったですね。
それもヒロインの宮だけでなく、央輝や惠も参加するというパーティー状態でした。正にファンディスクならではの話でしたね。
智の手段を選ばないという性格を強く実感したのは、今回の話が初めてでした。いじめっ子をボコボコにするのはかっこよすぎました。



央輝ルート



ゆんゆんは本編では最大の見せ場となる共通ルートのパルクールレースが終了した後は、あまり出番が貰えてなかった印象です。智達と一緒に過ごすようになる伊代ルートと茜子ルートでも、惠に色々と持っていかれたこともあって台詞はそこまでありませんでした。
本編では少ない出番の中でも度々同盟の奇天烈っぷりに振り回されていた彼女でしたが、本ルートではもっと振り回されることになります。パラダイスフィンガーも喰らいます。

やはり央輝はツンツンしていた期間が長すぎただけあって、いざルートに突入してみると萌えキャラとしてハイレベルすぎました。性別のバレ方も面白過ぎましたね。
そして衝撃的だったのは、異常性癖者としてしか語られていなかった智のお隣さんが、かっこよすぎるキャラクターとして登場することでしょうか。世界は狭い。

常に理屈で物事を考えようとしていた智が、最後に自分の感情に素直になった説得は感動的でしたね。
直情的な感情こそが最も人を動かすのだと。良い意味でも悪い意味でもそれを感じさせられるルートでした。



惠ルート



惠ルートという名前の通り、智が惠の抱える秘密に向き合っていく話が展開されます。
と言ってもこの試みの話は本編の伊代ルート・茜子ルートに続いて三つ目だったりしますね。つくづく惠がるい智ワールドにおける最重要キャラクターであることを実感しました。

本編と違っていたのは惠との親睦の深め具合、何よりも離れに住んでる姉に最後まで会わなかったこと。
本編の伊代ルートは惠の話を聞く前に姉に会ってしまったので、まあそうなっちゃうよねという結末でした。
茜子ルートは詰み状況となって頭を悩ませた挙句、惠の自己犠牲によって幕を閉じるしかありませんでした。

本ルートはより深く惠という人間に関わっていくことで、そんな過去2ルートとは異なった結末を探していくことになります。
自分としても茜子ルートの結末はひとつの未来とはいえ、結局答えが出せないまま終わってしまったという印象が拭えなかったので、惠ルートがどういったオチを迎えるかということに興味津々でした。
しかし……探した結果智が行き着いたのは、史上最悪の結論でした。


惠ルートは一見主人公闇堕ちBADENDに見える……というか実際そうなのですが、それでいてこの結末は『るい智』においてはなくてはならないものだったと思います。
なにしろ「呪われた世界をやっつける」というのが本作における主人公の信条。それを「物理的に」やっつけるという最強で究極の手段に、ついに手を染めることになったのですから。

この結末の何が悲しいかというと、智がいなければ崩壊を起こすと思われた同盟のヒロインズが、実際は智がここに帰ってくることを、つまりは明日を信じていたということ。敗北してしまったのは智だけだったんですね。



終章



智と惠がワルツを踊りながら語り合う場面。
言っていることは本編の内容の解答となるものでしたが、正直言い回しが難しすぎていきなり飛躍しすぎでは!?となりました。
メッセージ性がある話というよりかはメッセージそのものを書き連ねたような内容だったので、理解するのに相当時間を要しました。

これは終章の内容というよりは、タイトルや各個別ルートでも口すっぱく言われていたことなのですが、『明日へ目を向ける』というのが『るい智』における大きなテーマでした。
惠はどうやっても幸せになれないと、智と我々は考えていました。しかし、実際は彼女は智から救われていたのでした。
智達同盟から教えられたのは、明日を夢見る為の力。
一瞬の煌めきしか残さない儚く消える星の光にも、確かに価値はあるのだと。たとえ一瞬の間でもそこには美しいものがあったのだと、惠は心の底から信じることができたのでした。









所詮ファンディスクと侮っていたのですが、立派な続編でしたね。
実は本編は姉が未来視したシミュレーション世界の話でした~なんて、とんでもない設定をぶち込んできたなぁと思いました。まあ、ファンディスクはあくまでファンディスクの話なので、厳密には本編がシミュレーション世界と確定したわけではありませんが。

上記の通り個人的には本編の茜子ルートの結末は消化不良感が拭えず、惠や央輝について深く突っ込んだ話も見たかったので、本作をプレイして良かったと思いました。
終章のワルツは自分を含めて置いてけぼりになる人多数だと思いますし、タマネギヘッドちゃんは結局何者だったのか等投げっぱなしな部分はありましたが、総合的な面白さで言ったら本編超えに感じました。
特に惠ルートは今までにプレイしたADVの個別ルートの中でも、三指に入るぐらいお気に入りです。最高で最悪の話でした。

全編通してビジュアル度外視で好きなヒロインは、「花鶏>伊代>惠>央輝>るい>茜子>こより>宮和」となりました。
当たり前ですが見た目と性格だけならこよりが一番好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブログ管理人

Author:ブログ管理人
【好きなゲーム】
・イナズマイレブンGOストライカーズ2013
・科学ADVシリーズ
・大乱闘スマッシュブラザーズSP

【経歴について】
イナズマイレブンGOストライカーズ2013というゲームのオンライン対戦で、最終ランキング3位でした。今でも遊んだりゲームの考察を当ブログで落とすことがあります。
科学ADVシリーズは全作品プレイ済みで、CHAOS;CHILDについては三週しました。
スマブラはエンジョイ勢です。(スマメイト最高レート1600)

【最近取り扱っているコンテンツ】
週一で変な日記を書いています。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる