FC2ブログ

渡り出せない交差点の前

ゲームの日記や感想を書いています。イナズマイレブンと科学ADVに関する話題多めです。

 2018年3月3日に公開された今年のドラえもん映画、「のび太の宝島」
 ドラえもんオタクなので観にいってきました。……と言いつつ、水田ドラの映画を見るのは今回が初めてだったりします。

のび太の宝島

 印象として、「親子が楽しめるもの」を徹底的に追求したのが今回の映画だったのかな、と感じました。

 これまでの大長編ドラえもんを踏襲する王道を往く冒険活劇、オリジナルキャラクターが親子愛を取り戻すまでを描いた物語、コミュニケーションの種となることを目的とした「クイズ」というオウムの存在。
 内容自体がちびっ子もその親御さんも満足できるように、配慮されていたと思いました。


 当然映画館へ独りで足を運んだぼっちの私を、メインターゲットとしているわけはなく。個人的な評価は低めとなっています。
 確かにわかりやすい話ではあったのですが、納得ができなかった点もちらほら。あまり深く考えることではないのでしょうか。
 
 ネタバレを踏まえた感想は他の方との個別チャットで語り尽くしたので、ここでは書かないこととします。
 不満点も多かった映画でしたが、不覚にも感動させられたシーンも多かったです。総合的には星三つぐらいの評価です。


 ちなみに映画館に入場した暁には、「全速前進!キャプテンドラ」というおもちゃがもれなくプレゼントされます。

fc2blog_2018031516374576c.jpg

 ミニカーのように走らせるだけでなく、アクセサリーにすることもできるすぐれもの。
 無料配布とは思えないぐらい完成度の高い玩具です。映画本編よりもこのおもちゃの方が面白いまでありました。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する