FC2ブログ

赤いゴッドハンド

イナストのロココのLv3技を「ゴッドハンドV」にすると、技スロット欄が

Lv3:ゴッドハンドV
Lv2:ゴッドハンドX
Lv1:ゴッドハンド

となり、ゴッドハンドの文字が三つ並んで、なんだかおしゃれに見えます。
一応これはロココにしかできないことでした。円堂でも成し遂げられないことです。


ただ、せっかくロココを使うのならば、「タマシイ・ザ・ハンド」を使いたいというのはありました。
タマシイ・ザ・ハンドといえば、やっぱり無印最強の敵が使う最終奥義ですから。
原作をプレイしていて使われた時の絶望と感動は忘れません。とても思い入れがあります。

対してゴッドハンドVは、言ってしまえば円堂のパクリ技です。
ゴッドハンドVは大人円堂が10年かけてゴッドハンドを進化させたことによって生まれた必殺技だと思っているので、似通った境遇にあったロココが習得してもおかしくないとは言えますが……。10年もの期間があれば二人が何度か交流していてもおかしくないですしね。


せめてゴッドハンドVの手の色が赤だったら、違和感もなかったんですけどね。



夏未を助ける時に円堂と共に繰り出した、赤いゴッドハンド。
使用者によってゴッドハンドの色が変わるという演出は面白かったです。

まあ、この赤いゴッドハンドはアニメオリジナルの必殺技でしたし、イナストにも望むというのは些か欲張りでしょうか。加えて赤いゴッドハンドVなんて、もはや二次創作の域です。
それでもイナストはアニメを基盤にしているゲームだったので、ロココが円堂と同じ色のゴッドハンドを使いまくっているというのは、どうしてもピンと来なかったです。


ちなみにイナストのゴッドハンドVとタマシイ・ザ・ハンドですが、威力的には同じくらいだと思っています。
ゴッドハンドVは言うまでもなく非化身合体技最強のキャッチ技ですが、タマシイ・ザ・ハンドもアルファのアームドスピニングトランザムを止められたことがあるので、なんだかんだで威力は高いと思います。

まあ、どちらの方が強いのかということになると、話は別になりますが。
属性が環境に刺さっているのは、どう考えてもゴッドハンドVですよね。このゲームは林属性の強力なシュートを持つキャラクターが少ないですから。
タマシイロココは遠くから撃たれたグレマやワンチェインの天空落としで飛ぶので、相手チームによってはボコボコにされます。


そういうことで、イナストでも赤いゴッドハンドが使いたかったという話でした。

全然関係ないですけど、ロココといえばイナズマイレブン3のCMのこのシーンですよね。
当時テレビで流れまくっていたので、印象に残っている方も少なくないのではないでしょうか。元気になリーヨが脳内再生される。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

本家のロココは悲惨でしたね...
属性不一致で超技も渾身も覚えないですから
しかもストーリーではドリブルもないのに前に出てきて、無強化選手であっさりボールを奪えてしまいますし。
仮にXブラストを撃たれてもまず突破されることはないという...
イナストでもgkとしてだけじゃなくてシューターとしても円堂の劣化ですしね...
でも確かにアルファへの耐性はタマシイロココのほうが高いのか

No title

> さん

昔スカウトした時は「ガードたっか!最強じゃんw」って思っていたのですが、蓋を開けてみれば3は属性一致補正の恩恵が高いので、習得技が不一致技で埋め尽くされたロココは扱いにくいキャラクターでしたね。
超攻撃型フォーメーションはただの弱体化でした……。
一応ロココ自身のレベルは高かったので、当時プレイした時はサークルプレードライブからXブラストを撃たれて、得点された覚えがあります。

全体から見れば中堅上位ぐらいには入るGKではありますが、やはり円堂や信助と比較すると水を開けられていますね。
アームドスピニングトランザムはワンチャン止めてくれます。まあ、本当にワンチャンレベルの確率だと思いますが。
プロフィール

ブログ管理人

Author:ブログ管理人
【好きなゲーム】
・イナズマイレブンGOストライカーズ2013
・科学ADVシリーズ
・大乱闘スマッシュブラザーズ for wiiU

【実績・経歴について】
イナズマイレブンGOストライカーズ2013というゲームのオンライン対戦で、最終ランキング3位でした。今でも遊んだりゲームの考察を当ブログで落とすことがあります。
科学ADVシリーズは全作品プレイ済みで、CHAOS;CHILDについては三週しました。
スマブラはほぼ動画勢です。(スマメイト最高レート1550)

【最近取り扱っているコンテンツ】
週一でアニメ「アレスの天秤」の感想を書いたり、気が向いたときに最近プレイしたゲームの感想を投稿したりしています。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる