【アレスの天秤】16話(感想)

・因果を超えた合体技「ホワイトダブルインパクト」


「必殺クマゴロシ・縛」

 アツヤが繰り出した新必殺技。シュートブロック技のようです。
 なんと、自陣ゴールから撃って帝国学園のGKを破ってしまったあの雷門の「北極グマ2号」を、減衰させることなく止めてしまいました。

 「北極グマ2号」はおそらく現時点では雷門最強のシュート技と言っても差し支えないと思うのですが、それを完全に防いでしまうとは。名前のおかげで有利補正でもかかっていたのでしょうか。
 この技がある限り、少なくとも「北極グマ2号」よりも強力なシュートを編み出さなければ、白恋からゴールを奪うことはできなさそうです。
 ……とか思っていたら、普通に「ファイアトルネード」とノーマルシュートで得点してしまいました。所詮はFWのシュートブロック技。

 技名からしてこの必殺技は、白恋が「北極グマ2号」の為に対策として用意してきたのかな? と思いきや……。


「必殺クマゴロシ・斬」

 こちらもアツヤの新必殺技。シュート技になります。
 アツヤの得意技といえば「エターナルブリザード」一択だと思っていたのですが、考えてみれば本編でそうだと言及されたことは一度もなかったです。

 吹雪士郎の「弟」としてのアツヤと、吹雪士郎の「裏人格」としてのアツヤは、別人です。
 「エターナルブリザード」は無印にて二重人格としてのアツヤが数年かけた生み出した必殺技でした。弟としてのアツヤが生きている世界線の上ならば、このように「必殺クマゴロシ」のようなまた別の必殺技が生まれていた、ということでしょう。
 ということで「エターナルブリザード」という必殺技は、もしかしたらこの歴史にはそもそも誕生していないのかもしれませんね。まあ、あれだけ人気のある必殺技を削除するというのも考えにくいので、「爆熱ストーム」のように形を変えて登場する可能性は十分考えられますが。

 「必殺クマゴロシ」シリーズ、シュート技もブロック技もあるのですから、せっかくだからドリブル技にも欲しいところですね。
 もしかしたら今回公開された「必殺クマゴロシ」は一つの技として扱われており、「流星ブレード」やら「ぶっとびジャンプ」やらと同じくただの「シュートブロック属性がついているだけのシュート技」なのかもしれません。
 シュートの時に用いれば「斬」になり、シュートブロックの時に用いれば「縛」になる、というカラクリになっているとか。シュートブロック時のモーションを見る限りでは完全にボールを静止させていたので、ないとは思いますが。


「ホワイトダブルインパクト」

 吹雪兄弟の合体シュート技。やはりやってくれました。
 この世界線でしか成し得なかった合体技だと思うと、こみ上げてくるものがあります。

アレス16話

 始動のモーションはやや「エターナルブリザード」を意識していましたね。
 今回の話で「エターナルブリザード」も「ウルフレジェンド」も登場しなかったというのは、予想を良い意味で裏切る結果になったのではないでしょうか。どちらかは次回で登場するかもしれませんが。



・雷門vs白恋 開幕!

 Bパートから開始しました。
 しろうさぎ本舗のキャンペーンガールは荒谷紺子のようです。ぴょんぴょん。試合中も中々目立っていましたね。


 巧みな話術で敵のチームワークをかき乱す吹雪アツヤ。ある意味では司令塔のお兄ちゃん以上にゲームメイクしていました。
 この仲間割れの原因の7割ぐらいは万作が逆上していた分が大きそうですが、本人の家庭のことまで悪く言われたら誰だって怒ると思うので無理もないでしょう。

 なお、実際にリアルサッカーでも、相手を挑発することによって集中力を削いだりする駆け引きは稀にあるようですね。
 審判に聞こえるようにやると警告・退場処分となるようですが。まあ、アツヤは聞こえないようにやっていたのでセーフなのでしょう。
 作戦の内とはいえ相手に中傷紛いのことを言っている時点で、褒められた行為ではないというのは事実です。「この程度の策略で壊れるのならその程度のチーム」じゃ済まされないぞ!


 今回の試合では趙金雲氏も、「自分達で解決してこそ成長できるのです」という歴代のイナズマイレブンの監督から一億回は聞いたであろう台詞を口にしていました。
 むしろこういう内輪揉めの時にこそ活を入れるのが監督だと思うんですけどね。自分が専門にしているのは戦術だけであり、それ以外のことは選手に任せるということでしょうか。
 実際に明日人君のプレーと言葉によって、雷門は士気を取り戻しました。流石は太陽に選ばれたサッカー小僧。



・腑抜けてしまった灰崎

 王帝月ノ宮に敗北したときに負った傷が癒えないのか、路地裏でモブ達にボコボコにされてしまう灰崎。
 そんな彼は白恋相手に必死に喰らい付く明日人を見て、なにやら思うところがありそうでした。
 灰崎が転入する日も近い……?




 そういえば、3DSのニンテンドーeショップにてゲーム版初代「イナズマイレブン」の無料配信が開始しました。

初代イナズマイレブン配信

 2008年8月22日に発売された、全ての始まりの作品です。
 私は当時5000円ぐらい払って買ったゲームなのですが、それがなんと、無料で遊べてしまいます。無料です。
 3DSを持っていてSDカードの空き容量に余裕がある人なら誰でもダウンロードすることができます。

 初代イナズマイレブンは「アレスの天秤」に繋がる物語という意味でも、この時期にプレイするのが旬ですね。
 お得としか言いようがないキャンペーンなので、イナズマイレブンのファンだけど初代はプレイできていないという人にも、イナズマイレブンがどんな作品なのか知らないという人にも、この機会に是非プレイしていただきたいです。

【うたわれるもの】楽しんでます

 最近は「うたわれるもの」シリーズにハマっています。

うたわれ散タイトル

 現在はシリーズ第一作目「散りゆく者への子守唄」をクリアしたところです。
 これって2002年に発売されたゲームのリメイクらしいのですが、昔のゲームとは思えないぐらい面白かったです。ゲームに今も昔も関係ないのだと思い知らされました。



 ゲームの流れとしては、「アドベンチャーゲームパート」と「シミュレーションRPGパート」を交互に繰り返す形式となっています。
 要するに、ゲーム性は以前記事でもあげたサモンナイトシリーズと似ています。実際戦闘パートはサモンナイトと同じ会社が担当しているようです。

 サモンナイトシリーズとの違いは、あちらよりはアドベンチャー面に力を入れているということでしょうか。アドベンチャーパートだけで4時間ほど続くこともあり、シナリオの完成度はとても高く感じました。
 一方、このゲームに選択肢や分岐はひとつもなく、エンディングまで常に一本道となっています。多くのヒロインが登場するものの、好感度システムや個別エンディングは存在しません。

 サモンナイトは「ギャルゲー×SRPG」だったのですが、うたわれるものは「ノベルゲー×SRPG」、という印象です。
 泣きゲーにSRPGがくっついてきた、というようなゲームでしょうか。くっついてきたと言ってもオマケというわけではなく、SRPG要素があってこそこの名作が生まれたのだと思っています。


 シナリオがどう面白いのかという話ですが、語彙力も何もない言い方をしてしまえば、プレイしていて先がとても気になります。
 記憶喪失の男が一人の村娘に看取られていたところから、うたわれるものの物語は始まります。
 男は果たして何者なのか。自分とは価値観のずれたこの世界は一体どこなのか。村娘との平穏な暮らしを受け入れつつあった彼が、戦乱の世に巻き込まれていきます。

 そして、謎が謎を呼ぶ旅路の果てに、真実が解き明かされていく終局。
 ネタバレしない程度に感想を言わせていただくと、ラスボス戦は今までにプレイした全ゲームの中で一番感動しました。
 これまでラスボス戦で感動したゲームといえばポケダン空やFE暗夜など他にも色々あったのですが、個人的にはそれらの作品を超えてトップだったと感じました。
 それまでの過程も演出も、全てが素晴らしかったです。本作における「ゲームジャンルの融合」という試みのハイエンドだと感じました。こればかりはプレイしてみてくださいとしか言いようがありません。


 今はシリーズ二作目である「偽りの仮面」をプレイしています。
 どのくらいかかるかはわかりませんが、シリーズ最終作「二人の白皇」までクリアしたいですね。偽りの仮面だけではシナリオは完結しないようなので、これをクリアしたら半強制的に手を付けることになるんだろうなと思っていますが。


 平日に少しずつゲームを進めながら、クリアする度に感想を投稿していく。といった生き方に憧れてるんですけど、時間とモチベーションの関係で今の自分には無理そうです。長い文章が書けない身体になってしまった。

 追記では「散りゆく者への子守唄」の7人分ぐらい書いて力尽きたキャラ感を供養しておきます。
 ネタバレは自重していないので閲覧にはご注意ください。

続きを読む

【アレスの天秤】15話(感想)

・8年振りの新ゴッド技「ゴッドノウズ・インパクト」


「天空の刃」

 フィディオみたいな顔をした一年生が繰り出したシュート技。
 「ゴッドノウズ」と同じく翼が生え、自ら空中のボール目掛けて飛行してのオーバーヘッドキック。アフロディの必殺技のような神っぽさはありませんでしたが、とてもダイナミックなシュート技でした。
 それにしてもこの人、FWなのになんでボランチに配置されてるんですかね。


「ゴッドノウズ・インパクト」



 120%の人類は技名が出る直前まで、新モーションの「ゴッドノウズ」か「ゴッドブレイク」だと予想していたであろう必殺技。まさかアフロディの単体新シュート技を拝めるとは思いませんでした。
 「ゴッドノウズ」と「ゴッドブレイク」に負けず劣らず、神々しいシュート技でした。
 作画にも気合が入っていて、これで出番が終わってしまうのが残念すぎるぐらいかっこよかったです。ゲームでも使いたいですね。


「ファイア弾道補正」

 メガネクラッシュさん!?
 

「デスクレーター」

 ゴールずらしさん!?


「爆熱ストーム」

 木戸川清修の豪炎寺と武方三兄弟も繰り出していたオーバーライド技。
 こちらは「トライアングルZ」ではなく「シャイニングバード」とのオーバーライドでした。
 オーバーライド技の組み合わせは一定ではないようですね。ひょっとしたら「パーフェクトペンギン」辺りと組み合わせても出せるのかもしれません。
 それにしても木戸川の絆が生み出した切り札のような必殺技を一朝一夕に会得してしまうとは、雷門は恐ろしい。


「王家の盾」

 西蔭が繰り出したキャッチ技。王帝月ノ宮が今回唯一使った必殺技でもあります。
 あの「オーバーヘッドペンギン」を止めてしまいました。前回素手でも止めていたような気もしますが。
 技名に「王」と付いているからして強そうです(「キングファイア」を見ながら)。


「グリッドオメガ」

 王帝月ノ宮の必殺タクティクスです。フェーズワン! フェーズツー!
 西蔭曰く「禁断のタクティクス」。何が禁断なのかという話ですが、ご覧の通り相手チームを棄権に追い込むほどに痛めつけてしまうからでしょう。
 「パーフェクトゾーンプレス」など、相手選手を潰すタクティクスはこれまでもあったものの、明確に相手を故障させることだけが目的の必殺タクティクスはこれが初登場です。

 これまでイナズマイレブンでは「禁断の」という表現は、使用者自身が体を壊す必殺技にしか使用されていなかったので、もしかしたら「グリッドオメガ」も発動側にそれなりにリスクがあるタクティクスなのかもしれません。様子を見る限りではなさそうな話ですが……。



・いつの間にか終わっていた世宇子戦

 結果は3-2で雷門の勝利ということで。
 前回の記事で書いた「強敵っぽく描いて欲しい」という試合内容とは真逆の展開となってしまいましたが、「ゴッドノウズ・インパクト」のかっこよさに免じて許すことにします。

 新人GKのDJこと歩星呑二は、実に強烈過ぎるキャラクターでした。
 なお、そのご活躍の程はというと……。せめて技一個ぐらいは見せてくれよな~頼むよ~。
 二失点目とか何が起こったのかすらわかりませんでした。

 一時期は影山に言われるがままにドーピングに手を出してしまっていた世宇子も、すっかり垢が抜けたようでした。負けたのにも関わらずあそこまで悔しがっていない様子を見ていると、垢抜けすぎではないかと思ってもしまいますが。
 試合には負けたものの自分自身に打ち勝ったアフロディ達は、このときが本当の意味でのスタートとなるのでしょう。無印では有耶無耶にされた部分を描いてくれたのは良かったと思いました。



・野坂悠馬の過去

 今回は世宇子戦や王帝月ノ宮戦よりも、野坂と西蔭の回想エピソードがメインとなりました。
 どう考えても一話に統合させられるような話ではないんですけどね。今作はよっぽど尺に余裕がないのだと感じました。尺が限られている癖にキャラクター数を増やしすぎるからこういうことに……。

 明らかになった野坂の過去と信念。
 幼少期より英才子供センターに預けられ、選択の余地すら与えられなかった野坂。彼は自分の意志でアレスの天秤を信仰したのではなく、もはや信仰する以外になかったのでした。
 同じく親に捨てられた境遇を持っているキャラクターといえば、木暮を思い出しますね。木暮と野坂の性格が似ているのかと聞かれればそんなことは全くないので、やはり幼い頃に置かれた環境に根付いて性格は形成されるのだと感じました。

 一方、西蔭はむしろ野坂とは逆であり、アレスの天秤に対しては特に強い感情を持っていなかったようです。
 西蔭が心酔している対象は、アレスの天秤ではなく野坂悠馬でした。彼は野坂の行動に惹かれて付いていった故、結果的にアレスクラスタとなったのだと思われます。
 西蔭はいわば野坂の全てを信用しているような人物なので、彼が自ら野坂の下を離れるようなことはなさそうですね。もしも彼が野坂の脳腫瘍のことをまだ知らないのであれば、いつか一悶着あるのかもしれませんが。

 アレスが黒だと言うのならば証拠を見つけて欲しい、と野坂は言いました。
 果たしてそこにはどういう思いが秘められていたのでしょうか。



 次回はいよいよ白恋中の登場です。
 「今作は吹雪アツヤが生きている世界線」ということで宣伝文句にも使われていたお馴染みのチームですが、彼らが登場したアウターコードの回から既に一年半以上経ってると思うと、なんだか随分久し振りにも感じられます。

 士郎とアツヤの夢の共演ということで、ひょっとしたらオーバーライド技と化した「ウルフレジェンド」が見れるかもしれませんね。無印2の設定では元々兄弟で撃つ必殺技でしたから。
 予告には映りませんでしたが、注目を集めていた白兎屋なえ、強化委員の染岡さんも白恋には所属しています。果たして全員分の活躍を見ることができるのでしょうか。
プロフィール

ブログ管理人

Author:ブログ管理人
【好きなゲーム】
・イナズマイレブンGOストライカーズ2013
・科学ADVシリーズ
・大乱闘スマッシュブラザーズ for wiiU

【実績について】
イナズマイレブンGOストライカーズ2013というゲームのオンライン対戦で、最終ランキング3位でした。今でも遊んだりゲームの考察を当ブログで落とすことがあります。
科学ADVシリーズは全作品プレイ済みで、CHAOS;CHILDについては三週しました。
スマブラはスマメイト最高レート1550ぐらいなので、ほとんど動画勢です。

【最近取り扱っているコンテンツ】
「アレスの天秤」の感想を週一で書いたり、最近プレイしたゲームの感想を書いたりしています。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる